人気ブログランキング |
カテゴリ
以前の記事
2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
<   2018年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧
岬と鴎
またまたお風呂で歌う歌のお話。
ずっと歌い続けている二曲の不思議なつながりを感じていた。ただ大きな違いは泣くか泣かないか・・・演歌は定番のように「泣く」そして ユーミンは泣かない。
石川さゆりの「津軽海峡冬景色」は 演歌が苦手な私なのに歌ってしまうのは あの素晴らしい三連符のせいである。三木たかしさんはすごい!と思う。[tatatatatatatatatatatata」と刻んでいくメロディは最高です。阿久悠さんの歌詞も「上野発の夜行列車」から「青森駅」の時間と距離、そして「北へ帰る人の群れは誰も無口で 海鳴りだけをきいている」そのまんまだけど深い!そこで ひとりで連絡船にのって こごえそうな鴎を見つめて泣いてしまってもしょうがないかなと思ってしまう。

北のはずれの竜飛岬の鴎と ユーミンの「海を見ていた午後」の遠くに見える三浦岬。別れたはずの男の子が窓にほほをよせてカモメを追いかけるのがテーブルごしに見えてしまうのよね。でも泣かない。「ダサいから泣かなかった」のよね。これは私よくわかる。「あの時目の前で思い切り泣けたら 今頃二人 ここで海を見ていたはず」って。そんなことできないよね。だからこの歌が好き。女の子は泣かないよ。泣くのは たぶん演歌の中の女の人。私はもうおばあさんだけど 女の子が泣くのは一人になった時 誰もいなけりゃ思いっきり泣けると思っている。

ああそうだった。「泣き」の話ではなく 岬と鴎だ。鴎は冬の鳥だから「津軽海峡冬景色」は鴎の鳴声も 胸をゆする風の音も聞こえてくる。

しばらくお休みの間に色々と思いをめぐらした。私が「津軽海峡冬景色」の中で一番好きなところは「さよならあなた~私は帰ります」と言って北の国へ帰って行くこと。泣いても追いかけないところ。
逆にわかってしまったことがあって「海を見ていた午後」の女の子は泣かなかったのに追いかけている。「未練」がここにあるなんて 都会的な洒落た情景の中に忘れられない思いがいっぱいあって 演歌より濃い~よ。
インクのにじむ紙ナプキンに「忘れないで」って書いちゃった。
青春だから いいか・・・
ソーダ水の中を貨物船が通る・・・なんて素敵な歌だから きっとこれからも私は歌い続ける。おばあさんだけど、ね。

最後に 20年前に私が作った 5・7・5.7・7 短歌のようなもの。

待つのいや 追いかけるのは もっといや 私は自由な風になりたい

今夜も歌います。「津軽海峡冬景色」と「海を見ていた午後」
どちらも別れの歌だったね~。  
    
   




by paopaoy | 2018-10-21 15:01 | 詩歌
トップ