カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
カテゴリ:生活( 87 )
gray week
今朝 職場で来月の出勤簿に休日を書き入れていた時 「祝、祝、祝、休」と続くので思わず「ふざけるなよ!」とつぶやいた・・・声が 思ったより大きくなってしまって向こうに並んで座っている総合受付の方々の視線を感じてしまった。

私達の職場の三人はパートなので 休日が続くと困るのだ。
3日は憲法記念日,4日はみどりの日、5日はこどもの日、6日は日曜日。
「なんじゃ、こりゃ!」という感じ。その前に三連休もあるから 嬉し悲しのパートタイマーである。働く時間が短いのと 時給が安いのでしょうがないのよ。わかっているけど愚痴ってしまった。

大多数の方々には楽しい、楽しいゴールデンウイークなのだ。少数民族の私達は「仕事が欲しいよ~」と思ってしまうけれど。
出勤簿の「祝、祝、祝、休」が 無給の身には辛かった。
golden weekではなく gray weekだな~ と思った朝だった。

[PR]
by paopaoy | 2018-04-26 22:12 | 生活 | Comments(0)
10年経ったら会いましょう
これは10年前の私からのメッセージだったのだと今思っている。
昨日、先月から続けていた連れ合いの弟の部屋の片付けと掃除が終わって 樫野の家にずっと置きっぱなしになっていた以前暮していた古座ヴィラから運んできて次に入った大島の家に持っていけなかった荷物を 弟の部屋に運んだ。とりあえず箱を開けて中を確認して また置かせてもらおうと思ったのだ。ほぼ難民の私たちは自分の家を持たず今も姉の家に居候の身なので 置けない荷物は捨てればいいのだけれどまだ整理できないでいる。
本が沢山あるのだけれど そこにはまだたどり着けず「なんでこんなにあるんやろう」と思いながら絵の道具やらなんやらわからないものばかり・・・そのなかにあったのだ。ずっとずっと探していた。アコーディオンと太皷とチベッタン・ベルの箱。
「10年経ったら会いましょう」と言ったでしょ。聞いてないよ。でも、やっと会えたね。小さなおもちゃのアコーディオンは音がスカスカした感じで10年の歳月を思った。アフリカの太鼓が欲しかったけど高くて買えなかったので手に入れたのは小さな子ども用のボンゴだった。それもずっと箱の中で眠っていた。
そしてチベッタン・ベル。この音に会いたかった。そこにあるのはわかっていたけれどやっぱり10年かかってしまった。

10年間眠っていた服はほとんどもう着ることはできないし 鞄も靴も劣化している。ここまできたらどんどん捨てる。
チベッタン・ベルの音色は10年経っても綺麗に澄んでいた。
 

[PR]
by paopaoy | 2018-03-05 22:17 | 生活 | Comments(0)
冬の桜
先月 連れ合いの弟が急に亡くなって 一人暮らしになってしまったお母さんの家に土曜日ごとに泊まりに行くようになって三週間。今日はお天気も良く歩くことにした。
連れ合いは甲斐甲斐しく洗濯をしたり片付けたりいているのに 食事担当の私はぶらぶらと遊んでいるのだった。
まずは樫野の港の方に歩いて行った。ゆるやかな坂道をゆっくり歩く。海に出ると目の前は古座、というより田原だね。海で行き止まりなので来た道を帰る。
それから 今度は急な坂道をえんやこらと上り地下(じげ)に向かう。以前住んでいた所だけれど あったはずの家が更地になっていたり空き家になっていたり 月日の流れを感じる。変なおばさんが一人歩いていても誰にも会わない。静かな路地。

午後は灯台に向かって出発した。またまた坂道。ここはどっちに向かっても坂なのね。スニーカーを履いてくればよかった。ぺたんこ靴では足に響く。下を向いて歩いていたら椎の実がいっぱい落ちていた。頭の上は椎の木か・・・近くに裏金剛がとても綺麗に見える場所があったのに いつの間にか柵で囲われて太陽光発電が出来ている。もう入れない。何も見えない。私の土地ではないから仕方がないけど腹が立つ。がっかりだよ。どんどん上る。大きな道に出る。まっすぐ行くと灯台への道につながる。

久しぶりに来た。「夢の大島」という店があった頃はよく来ていた。陽子ちゃんがいた頃。今は跡形もない感じ。猫もいない。黙って歩く。
トルコのお墓(樫野の昔の子どもたちは そう言う)の前を通り 灯台が見えてくる。手前に何か花が咲いている。近くまで行ってみる。桜だ。桜の花が咲いている。冬なのに桜?そういえば昔の化粧品のコマーシャルに「春なのにコスモスみたい・・・」というのがあったっけ。コスモスは秋桜。冬の桜は寒桜。桜の種類は知らないけれど「桜」だ。まぎれもなく。めったにとらない写真を撮る。私のはスマホではなくガラケーよ。写真が小さくてよく見えない。
灯台の入り口では写真撮影の人が多くてなかなかは入れないから 灯台の裏通りを行くとそこは桜の木が沢山あって満開なのだった。海側で日当たりが良くて咲いているのだな。私たちが寒い寒いと言っていても やっぱりここは亜熱帯の島なのだ。
ぐるりと回って帰る事にした。すると「桜のはずがない。」と言う声がする。観光客のおじさんだ。「桜だよ~。」とは言わなかったけど。

今日は久々に8000歩。よく歩いた。

[PR]
by paopaoy | 2018-02-18 20:29 | 生活 | Comments(2)
年の終わりの昼下がり
忙しく家の片付けやら正月の仕度などしなければいけない時に 炬燵に入ってこんなことしてていいんだろうかと思いつつ 私の2017年は一体何だったのかと考えてしまった。

記憶は定かではないが 二月末に母が家の中で大腿骨骨折をして入院し 仕事も色々あったけれども何とか済んで 車を替えてそのリース料を払うためほぼ同額の三味線とピアノのお稽古を辞めたのだった。春から夏にかけては何をしていたのだろう。お盆の頃に広島から三男一家の三人の孫たちが来て一緒に遊んだ。花火をしたのが楽しかった。
9月18日に二男と二人で甲子園でカープがリーグ優勝したのを見た。来年は広島球場へ行ってみたい。それから11月初めの連休に下関の長男の所へ行って来た。最南端から最西端への旅は遠かった。香月泰男美術館と金子みすゞ記念館と角島の灯台に連れていってもらった。ずっと行きたいと思っていたので嬉しかった。

三味線とピアノのお稽古をしなくなって気が抜けてしまったけれど それからは本を読み続けている。もともと読んでいたけれどもうそれしかないという感じ。趣味というより生活の中に本がある。もうそれでいいかと思っている。目が見えなくなったら読みたくても読めないものね。あとは音楽を聴くことかな。

さあ、そろそろ腰を上げましょう。大晦日だもの。何かお仕事しないと、ね。

[PR]
by paopaoy | 2017-12-31 13:55 | 生活 | Comments(2)
午後4時20分の太陽
眩しい・・どころではなく もう恐怖の陽の光が降り注ぐ潮岬の道なのである。目を開けていられないくらいだけれど 前を見ないと運転できないし大変なのである。ならばこの時間帯に車に乗らないといけない用事などしなければいいのに 何故かこの時間に帰ることになっている。あわわ・・・また!だわと思いつつ そろそろとそろそろと車を走らせる。

眼底検査をして瞳孔を開いた後 外に出て歩いてしまったことがある。私を取り囲む世界は「光の中」だった。眼科のある病院から200m程先の薬局まで あんなに恐ろしい道は今までになかった。蔭のない白い光の道を魂の抜ける思いで歩いた。二回目の眼底検査の後はサングラスをかけて もう一歩も歩くもんかと思った。

この地方は本州最南端にあり 殊に太陽の光が強いのだろう。真冬でも太陽が眩しい。ガラス張りの車に乗っていると暑い。朝は東に向かって走ると眩しく 太陽が真上に昇る昼はいいけれど 夕方西向きに走る時は要注意だ。潮岬は西向きに走り 馬坂の手前で左折する前に信号で止まったら真っ赤な太陽が目の前に大きく見える時がある。その馬坂を上るのが眩しい時間帯に当たると苦しい道行きになる。そうだ!サングラスだ!と思うのだけれど 私の眼はたとえサングラスでも度入りでないと暗いだけでは走れない。それでは高くて買えないのだからしょうがない。がまん、がまん!

夜に車を運転する時の対向車のライトも辛い・・・なんていうと もう車の運転なんかやめろよとつっこみたくなるけれど 早晩私はもう車の運転などできなくなるだろう。高くて買えないはずのサングラスが必需品になるのだろう。
眩しい太陽が懐かしくなる日がくるのだろう。

[PR]
by paopaoy | 2017-12-01 19:25 | 生活 | Comments(0)
一週間程前 右腕に電気ポットの蒸気で火傷した。一瞬のことだった。腕まくりしていたものだから熱かった。思っていた以上にジンジンと痛かった。
すぐに水道水を流して冷やした。まだ食事前だったのでとりあえず食べて それから何とかならんかなあと保冷剤で冷やしたり 庭のアロエを採ってきて塗ってみたり そうそう確か火傷の塗り薬があったと塗ってみたり。何が効くのかさっぱりわからず 全くの素人療法だった。
一週間経って 私の腕には5mmの穴が残った。そのままにしておけば治っていたかもしれないのに あほな私はまるで余計なことをしてしまった。粘着力の強い市販のテープを貼ってしまったのだ。剥がす時になかなかはがれなくて薄皮を引っ張って破れたところが「穴」になった。そこだけ薬を塗ってもつるりとはがれてしまうし いつまでたっても治りにくいような気がする。
気を付けていれば火傷をすることもなかったと思う。漠然と動くと不注意の事故が起こる。小さな出来事ではあるけれど 日常生活の中では困ったこと。おばかな私。
 
気を付けよう。右腕の5mmの小さな穴を見てつくづくそう思う。

[PR]
by paopaoy | 2017-11-11 14:33 | 生活 | Comments(2)
満月
八月八日の夜空に満月が 大きい。眼鏡をかけて見たらまん丸い。眼鏡をはずして見たら輪が三つに重なって見える。そういえば 子供のころ歌っていた。「わ、わ、わ~輪が三つ、わ、わ、わ~輪が三つ、ミツワ、ミツワ、ミツワ~石鹸」今は聴かない。
乱視なので 三日月はバナナが三本、五本の時もある。あまり風流ではないな。この話は。
時折 網戸を通して心地よい風が吹く。昨日は台風のため雨戸を閉め切って蒸し暑かった。今夜は虫の声も聴こえる。いい月夜だ。

今日は絶不調で苦しかった。夏バテ?なのか 身体に力が入らなかった。月に祈る。
「元気が出ますように。」

書き終わってからずっと 陽水の歌声が響いてきて「あ、満月の歌だ!」「昼寝をすれば夜中に眠れないのはどういう訳だ」にしへひがしへ、だったのか ひがしへにしへ、だったのか 月は満天に輝いている。


[PR]
by paopaoy | 2017-08-08 21:41 | 生活 | Comments(2)
怒涛の二月
あまりにも目まぐるしかったので何も書けなかったけれど こんななにも色んなことが押し寄せてきたことは未だかつてないことなので書き残しておこうと思う。本当は二月末に書きたかったんだけどね。
2月20日 同僚一人が突然辞めた。
私事から・・・2月21日 12年続けてきた三味線を止めた。
       2月24日 1年8か月でピアノを止めた。
これは月謝を払って習うお稽古を経済的な事情で已む無く止めたということで 三味線もグランドピアノもここにはあるのだ。今は触る事も出来ないが いつかまた、と思っている。

2月26日 母が家の中で尻餅をついて大腿骨頸部骨折をした。救急車で病院に運んでもらって入院して手術をした。今はもうリハビリをして順調に回復してきている。
2月27日 もう一人の同僚が緊急入院した。

なんと良いタイミングで止めたことだとしみじみ思う。続けていたらお稽古どころではなかった。こんなことがおこるとは夢にも思っていなかったから 不思議なことだとも思う。

もう一つ 仕事でも思いがけないことばかりが起き 三人でしていた仕事を一人でしなければいけない事態が 母の入院と同時に私に降りかかってきた。もう受けて立つしかない・・・なんとかやりました。本当に怒涛の日々でありました。
風邪もひかずインフルエンザにも罹らず無事に仕事ができたことは有り難いことだった。以外に丈夫だったのね。

三月もあと残り少なく 別れの季節となってしまった。今の仕事の復帰した相方の門出を祝って また一人で仕事をしよう。次の人がなかなか決まらないのだ。辛抱強く待つことにしよう。 

2月にはあと二つ大変なことがあったけれど 受けて立てないことは来ないのだと思って取り組むことにする。受難の年は心が折れないように しなやかに静かに過ごそうと思う。

[PR]
by paopaoy | 2017-03-18 21:54 | 生活 | Comments(2)
うつらうつら
図書館で借りた本を早く読んで返さねば・・・と ページをめくっているのに 何故か同じところばかり 頭がぐるぐるすると思ったら うつらうつら・・・

三味線を弾いていても いつのまにか うつらうつら・・・半ば眠っているような ぼんやりした状態、と新明解さんに書いてある。最近は毎日この状態。「おばあさん」な私。

歳のせいにするな~!と自分につっこむ。ただの「なまけもの」です。

9月になったし 何か書かねば・・・と思ったけど やっぱり あほなことしか書けへんわ。やれやれ・・・
「夢うつつ」は 夢か現実か、意識のぼんやりした状態。好きな本を読んでいたり 音楽を聴いていたりする時に どこかに知らないうちにワープしようとしているのかな・・・

さて 本気で眠ることにしよう。明日は仕事です。

[PR]
by paopaoy | 2016-09-22 23:24 | 生活 | Comments(0)
八月は・・・
体調不良でございます。書けまへんでした。もう明日は九月です。
八月からは 仕事は朝九時から十二時半までになりました。それはもう気を張ってシャンと立っているつもりではありますが 帰ってきたらぐったりの日々。暑かった!

体重も45kgを切ったりして やっぱり病気やろか・・・病気です。痛くも痒くもないけれど 甘いものも塩辛いものも果物もなるべく食べないように・・・と暮らしています。そうそうお酒も。もともとそんなに飲んでなかったから平気ですが なんだか風に吹かれてふらふらと生きているようです。熱風か!

「元気ですか?」と尋ねられたら 今月は「元気です。」とは言い難い日々で近況を知らせる手紙も書けずメールも出来ず 失礼をいたしました。
秋になれば もう少し力が湧いてくるでしょうか。暑さ寒さも彼岸までといいますものね。そよそよとさやさやと庭のトネリコの葉を揺らして 風吹いてください。

[PR]
by paopaoy | 2016-08-31 20:59 | 生活 | Comments(0)
トップ

つれづれ日記
by paopaoy
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧