カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
夏うぐいす
84歳の私の母は 長年俳句と俳画を趣味にしていて 感心するほど真面目に励んでいる。居間にはいつも自作の色紙が何枚も飾ってある。最近見かけて気になる句があった。それは紫の菖蒲の花に添えられた句で 「山一つ 夏うぐいすの声を出す」 というもので 他の俳画の句は母の句だけれど これは・・・と思って名前を見ると「照敏句」と書いてあった。

「照敏(てるとし)さんって 誰?」 調べました。 平井照敏(しょうびん)さん。俳人の方でした。

「夏うぐいす」は「老鶯」あるいは「乱鶯」「狂鶯」ともいうらしい。うぐいすは春だけじゃないのね。そういえば今でも 時々うぐいすの声を聴くことがある。春先よりも上手に鳴くから成長したのね~と思っていたら すでに老成していたのですか。それはともかく 山一つというのがすごいと思ったのだった。

それから 照敏さんの句を読んでいたら 気になる句がまだまだあった。難しい句は苦手だけれど 照敏さんの句は 私の感性に呼びかけてくれる感じがする。

「サルビアの咲く 猫町に出にけり」
「金色の 老人に逢ふ 暮れの町」
「遠足をしてゐて 遠足したくなる」

そして これ! 「秋の夜の 足音もみなフランス語」 
照敏さんは フランス文学者の方で この句は昭和46年の作。パリでの生活がはじまった頃の フランス語
ノイローゼを思い出して作ったものらしい。「読者は全部これを美しい句と詠むようだ。それも仕方あるまい。」と書いてあった。

私は フランス語は習ったこともなければ 行ったこともない。なんとなく好きというだけで 42年前にフランス語を習っていた友人から聞いた「ケスクセとコマンタレブー」という言葉の響きが面白くて書いた文章が このブログの不動の一位になっている。
訳わからんけど それも仕方あるまい・・・かな?

これから 勝手に照敏先生の弟子になろう。もうすでにお亡くなりになっていらっしゃるけれど もっと句を読んで鑑賞したいと思っている。
[PR]
by paopaoy | 2015-06-29 23:37 | 詩歌 | Comments(0)
<< 赤いTシャツ 長いお別れ >>
トップ

つれづれ日記
by paopaoy
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧