カテゴリ
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
思い出した歌のこと
それは50年前の中学一年生の時に合唱した歌だった。突然思い出したという訳ではなく いつも心の中にその歌は居続けていたのだと思う。声に出して歌うことはほとんどなかったのだ。先日 お風呂の中で歌ってしまったのだった。

「園の小百合、撫子、垣根の千草、今日は汝(なれ)をながむる最終(おわり)の日なり。おもえば涙 膝をひたす、さらば故郷、さらば故郷、さらば故郷、故郷さらば。」

歌の中では「ふるさと」と歌うのに 歌の題名は「こきょう」なんだよね。
「故郷を離るる歌」懐かしい歌である。
ドイツ民謡ということで 訳詞(作詞)は「早春賦」の吉丸一晶さん。1913年(大正2年)に発表されたので素晴らしく古い歌だった。

この歌は「そののぉさゆうり、なぁでしこぅ、かきねぇのぉちぃぐぅさぁ」という風に歌うのが子ども心に不思議というのか、面白かった。
最近思ったことで「かあさん おかたをたたきましょ たんとんたんとんたんとんとん」の中の「お縁側にはひがいっぱい」の「おうえんがわ」と歌うところが私には「応援側」と聞えてしまって カープの応援側にいる私を想像してしまう。
歌の音程とか歌詞の関係で 言葉が妙に伸びたり縮んだりするのはしょうがないのかな。

もう一曲 その時(中一の時)歌ったのが 北原白秋の「落葉松」だった。
こちらの方がもっと深く私の中に潜り込んでしまっていたのだった。これはもう歌えないのだ。後に白秋さんが「歌ってはいけない」と書いてあるということを知ったので。声に出してもいけないそうな。でも大好きなので心の中でこっそり歌っている。

白秋さんの言葉が素敵だったので書き写します。
「落葉松の幽かなる、その風のこまかにさびしく物あはれなる、ただ心より心へと伝ふべし、また知らむ。その風は そのささやきは また我が心の心のささやきなるを、読者よ、これらは声に出して歌ふべききはのものにあらず、ただ韻(ひびき)を韻とし、匂を匂とせよ。」

「落葉松」の詩は 八番まであり 詩を頭の中で映像化すると素晴らしい絵になる。
軽井沢とか寒い所へ行かないと落葉松にはお目にかかれないけど 松の種類は違うのかもしれないと思いつつ 長谷川等伯の松の絵を見た時 これか!と思った。




[PR]
# by paopaoy | 2018-06-17 22:01 | 詩歌 | Comments(0)
ダーヨー
何か書かねば・・・と思えども 何も出てこない。もう空っぽだ。うつろだ。
「だーよー」ひらがなで書くとださいわね。
これは 串本の方言で同意の相づち「そうなんですよ」
「そだねー」と似てるかな?でもやっぱり「だーよー」は今は古語かな。

「ダーヨー」とカタカナで書くと「ヨーダ」のようで ちょっとカッコイイ?
そうそう 何で「ダーヨー」が出てきたのかと言えば 自分が空っぽであることを自分で同意して「だーよー」と言ったのだ。
ダサい私は「だーよー」である。




[PR]
# by paopaoy | 2018-05-28 20:03 | 言葉 | Comments(0)
gray week
今朝 職場で来月の出勤簿に休日を書き入れていた時 「祝、祝、祝、休」と続くので思わず「ふざけるなよ!」とつぶやいた・・・声が 思ったより大きくなってしまって向こうに並んで座っている総合受付の方々の視線を感じてしまった。

私達の職場の三人はパートなので 休日が続くと困るのだ。
3日は憲法記念日,4日はみどりの日、5日はこどもの日、6日は日曜日。
「なんじゃ、こりゃ!」という感じ。その前に三連休もあるから 嬉し悲しのパートタイマーである。働く時間が短いのと 時給が安いのでしょうがないのよ。わかっているけど愚痴ってしまった。

大多数の方々には楽しい、楽しいゴールデンウイークなのだ。少数民族の私達は「仕事が欲しいよ~」と思ってしまうけれど。
出勤簿の「祝、祝、祝、休」が 無給の身には辛かった。
golden weekではなく gray weekだな~ と思った朝だった。

[PR]
# by paopaoy | 2018-04-26 22:12 | 生活 | Comments(0)
10年経ったら会いましょう
これは10年前の私からのメッセージだったのだと今思っている。
昨日、先月から続けていた連れ合いの弟の部屋の片付けと掃除が終わって 樫野の家にずっと置きっぱなしになっていた以前暮していた古座ヴィラから運んできて次に入った大島の家に持っていけなかった荷物を 弟の部屋に運んだ。とりあえず箱を開けて中を確認して また置かせてもらおうと思ったのだ。ほぼ難民の私たちは自分の家を持たず今も姉の家に居候の身なので 置けない荷物は捨てればいいのだけれどまだ整理できないでいる。
本が沢山あるのだけれど そこにはまだたどり着けず「なんでこんなにあるんやろう」と思いながら絵の道具やらなんやらわからないものばかり・・・そのなかにあったのだ。ずっとずっと探していた。アコーディオンと太皷とチベッタン・ベルの箱。
「10年経ったら会いましょう」と言ったでしょ。聞いてないよ。でも、やっと会えたね。小さなおもちゃのアコーディオンは音がスカスカした感じで10年の歳月を思った。アフリカの太鼓が欲しかったけど高くて買えなかったので手に入れたのは小さな子ども用のボンゴだった。それもずっと箱の中で眠っていた。
そしてチベッタン・ベル。この音に会いたかった。そこにあるのはわかっていたけれどやっぱり10年かかってしまった。

10年間眠っていた服はほとんどもう着ることはできないし 鞄も靴も劣化している。ここまできたらどんどん捨てる。
チベッタン・ベルの音色は10年経っても綺麗に澄んでいた。
 

[PR]
# by paopaoy | 2018-03-05 22:17 | 生活 | Comments(0)
初鳴き
鶯の鳴く声を聴いた。樫野の鶯の声は よく響くからか美しく聴こえる。
それは朝のことで 午後三時頃になって 私は窓越しに「コッコッコー」と鳴きバサバサと低空で飛んでいく大きな鳥を見た。一瞬 鶏かと思い どこかで飼っている鶏が逃げ出したのかなと外に出てみた。裏山の木々の間にちらっと赤いものが見える。もしかして・・雉?野鳥だからそこにいてもおかしくないけど ここで見る鳥は小鳥サイズだから 雉は結構大きい。びっくりだ。
家に帰って調べてみたら 鳴声は「ケッケーン」だとか「ケーン ケーン」 私には「コッコー」と聴こえた。まるで鶏だよ。大きさだって鶏サイズだよ。しかし?鶏は飛ぶのか?雉だった。雄の雉。樫野にもいたのね。10年程前 大島に降りていく道で見たことがある。車の上を飛んで行ったのだ。

毎年この頃になると鶯の初鳴きを楽しみにしていて 今年は樫野で聴けて嬉しかった。なのに 印象に残ったのは「コッコッコー」と鳴きばさばさばさと飛んで行った雉だった。そういえば 早朝にお墓参りに行った時「ツツピー ツツピー」と鳴く声も聴いた。あれは何だったのか。イソヒヨなら「ツツピーチョイチョイ」だったと思うのだけど 朝の鳥はシンプルに「ツツピー」だった。きれいな声だった。
樫野はきっと空気が澄んでいるから 鳥の声も綺麗に響くのだと思う。



[PR]
# by paopaoy | 2018-02-25 21:31 | | Comments(2)
冬の桜
先月 連れ合いの弟が急に亡くなって 一人暮らしになってしまったお母さんの家に土曜日ごとに泊まりに行くようになって三週間。今日はお天気も良く歩くことにした。
連れ合いは甲斐甲斐しく洗濯をしたり片付けたりいているのに 食事担当の私はぶらぶらと遊んでいるのだった。
まずは樫野の港の方に歩いて行った。ゆるやかな坂道をゆっくり歩く。海に出ると目の前は古座、というより田原だね。海で行き止まりなので来た道を帰る。
それから 今度は急な坂道をえんやこらと上り地下(じげ)に向かう。以前住んでいた所だけれど あったはずの家が更地になっていたり空き家になっていたり 月日の流れを感じる。変なおばさんが一人歩いていても誰にも会わない。静かな路地。

午後は灯台に向かって出発した。またまた坂道。ここはどっちに向かっても坂なのね。スニーカーを履いてくればよかった。ぺたんこ靴では足に響く。下を向いて歩いていたら椎の実がいっぱい落ちていた。頭の上は椎の木か・・・近くに裏金剛がとても綺麗に見える場所があったのに いつの間にか柵で囲われて太陽光発電が出来ている。もう入れない。何も見えない。私の土地ではないから仕方がないけど腹が立つ。がっかりだよ。どんどん上る。大きな道に出る。まっすぐ行くと灯台への道につながる。

久しぶりに来た。「夢の大島」という店があった頃はよく来ていた。陽子ちゃんがいた頃。今は跡形もない感じ。猫もいない。黙って歩く。
トルコのお墓(樫野の昔の子どもたちは そう言う)の前を通り 灯台が見えてくる。手前に何か花が咲いている。近くまで行ってみる。桜だ。桜の花が咲いている。冬なのに桜?そういえば昔の化粧品のコマーシャルに「春なのにコスモスみたい・・・」というのがあったっけ。コスモスは秋桜。冬の桜は寒桜。桜の種類は知らないけれど「桜」だ。まぎれもなく。めったにとらない写真を撮る。私のはスマホではなくガラケーよ。写真が小さくてよく見えない。
灯台の入り口では写真撮影の人が多くてなかなかは入れないから 灯台の裏通りを行くとそこは桜の木が沢山あって満開なのだった。海側で日当たりが良くて咲いているのだな。私たちが寒い寒いと言っていても やっぱりここは亜熱帯の島なのだ。
ぐるりと回って帰る事にした。すると「桜のはずがない。」と言う声がする。観光客のおじさんだ。「桜だよ~。」とは言わなかったけど。

今日は久々に8000歩。よく歩いた。

[PR]
# by paopaoy | 2018-02-18 20:29 | 生活 | Comments(2)
詩を読むことにいたしましょう
1月10日に図書館に行ったら 読みたいと思っていた「銀河鉄道の父」があった。丁度読んでいる最中に作者の門井慶喜さんの直木賞受賞が報道されていた。この本は昨年末に高校時代に現代国語を教えていただいたT先生から「読むといいよ」を聞いていた本だった。読み終えてすぐ「賢治さんの詩を読まねば・・・」と思った。もう何十年も前から読んではいたものの「もう一度きちんと読み返してみよう」と切実に思った。それは賢治さんの父である政次郎さんの詩の読み方に感動したからだ。何度も何度も読むのだ。

それでまずは「詩を読むことにいたしましょう」ということで 連れ合いの本棚に並んでいる三冊の賢治さんの文庫の中から 草野心平編の「宮沢賢治詩集」を借りてきた。
声に出して読みたいと思う。戸外で読みたいとも思う。思い切り自然の中で。とは言えやはり黙読から始めた。しばらく読み続けてみることにする。

他にも昨年末に買った本で長野まゆみの「銀河の通信所」も面白い。賢治さんにつながる人々の架空の名前でのインタビューだけれど興味深く読んだ。
私の趣味の最後の砦はやっぱり読書だった。本を読むこと。もうこれしか残っていない。そして その中でも深く思うのは賢治さんの宇宙「銀河鉄道」だ。残りの人生は本読みとして生きていこう。目が見えなくなるまで。(音訳という手もある。)


[PR]
# by paopaoy | 2018-01-17 21:25 | 詩歌 | Comments(0)
acaba こ
2015年8月16日に「アカバコ」って何?と書いていた。あれから2年5か月ずっと謎のままだった。ところが先日思いがけなく「アカバ」の意味がわかった。それは宮本輝の小説のタイトルの中にあった。「ここに地終わり 海始まる」
上下二巻のこの小説は随分前に一度読んでいたのだけれど 昨年9月に二男と会った時に「外国でどこか行きたい国があるか?」と聞かれた時「ポルトガル」と答えたが 自分でもなんでやろ?と思った時に「ここに地終わり 海始まる」の舞台であるロカ岬を見たいと思っていたのだと気づいたのだった。それからもう一度この小説を読んでみようと手に取ったのが今年の初めだった。連れ合いの本棚の中にあったのだ。灯台下暗しだな。
 
ーonde a terra se acaba e o mar comecaー 
 オンデ ア テラ セ アカバ エ オ マール コメサ

今まではポルトガル語の綴りがわからなかったから調べようもなかったけれど 小説の中に書いてあったから ネットのポルトガル語の辞書で調べた。
acabaは「終了」だった。comecaは「開始」そしてterraは地球 marは海。続けてみたら「土地終了して海が開始されます」と出て 「えらい事務的やなあ」と言ったら 連れ合いが「だから文学的に翻訳してるやろ」と言うので なるほどと納得したのだった。

そしたら「コ」は何だろう?未だわからない。ロバータ・フラックの「やさしく歌って」をボサノバで歌った「Em sua voz」の中に出てきた言葉なので これからは「コ」を探そう。

ここに地終わり 海始まる  
たとえポルトガルに行けなくても 樫野崎に行ったらほぼ同じような景色だと思う。断崖絶壁に立つ灯台と海がそこにはある。私の原風景だ。

[PR]
# by paopaoy | 2018-01-12 21:31 | 言葉 | Comments(0)
年の終わりの昼下がり
忙しく家の片付けやら正月の仕度などしなければいけない時に 炬燵に入ってこんなことしてていいんだろうかと思いつつ 私の2017年は一体何だったのかと考えてしまった。

記憶は定かではないが 二月末に母が家の中で大腿骨骨折をして入院し 仕事も色々あったけれども何とか済んで 車を替えてそのリース料を払うためほぼ同額の三味線とピアノのお稽古を辞めたのだった。春から夏にかけては何をしていたのだろう。お盆の頃に広島から三男一家の三人の孫たちが来て一緒に遊んだ。花火をしたのが楽しかった。
9月18日に二男と二人で甲子園でカープがリーグ優勝したのを見た。来年は広島球場へ行ってみたい。それから11月初めの連休に下関の長男の所へ行って来た。最南端から最西端への旅は遠かった。香月泰男美術館と金子みすゞ記念館と角島の灯台に連れていってもらった。ずっと行きたいと思っていたので嬉しかった。

三味線とピアノのお稽古をしなくなって気が抜けてしまったけれど それからは本を読み続けている。もともと読んでいたけれどもうそれしかないという感じ。趣味というより生活の中に本がある。もうそれでいいかと思っている。目が見えなくなったら読みたくても読めないものね。あとは音楽を聴くことかな。

さあ、そろそろ腰を上げましょう。大晦日だもの。何かお仕事しないと、ね。

[PR]
# by paopaoy | 2017-12-31 13:55 | 生活 | Comments(2)
挙動不審のアラレちゃん
昨年三月高校時代の同窓会があり その時久しぶりに出会った同級生が私の行動と姿を見てしみじみと「まるで挙動不審のアラレちゃんだね。」と言ったのだった。還暦も過ぎてアラレちゃんはないだろうと思ったけれど 高校時代にはなかった眼鏡をかけてギクシャクと動く私は笑えたのだろうな。
そういえば 15年前こちらに帰って程なく知人の家を尋ねたら玄関に出てこられた御主人が「おーい。アラレちゃんみたいな人が来てるぞ!」と知人を呼んだのだった。そんなに似てたのかい?

昨日「ブラタモリ」を見てたら「ひこにゃん」が出てきて その動きを見ていたらアラレちゃんよりこちらの方が私に近いかも・・と思ってしまった。手足のぶらぶらしてるのとあの走り方。やっぱり笑えた。「ひこにゃん」ごめん!わたしも着ぐるみに入りたいと思ったよ。「ひこにゃん」ありがとう!

アラレちゃんもひこにゃんも 何かつらいことや苦しいことがあった時に思い出したらほっこりできるね。書いていながら意味不明だけれどそう思う。

[PR]
# by paopaoy | 2017-12-10 19:29 | 気持ち | Comments(0)
トップ

つれづれ日記
by paopaoy
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧