カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
煮詰まった!
書き始めて、まだ5日目なのに

にっちもさっちも・・・です。

毎日、書くことが、日記であるならば
日記には違いないけれど
その日のできごとを書いている訳ではないのです。

「にーーーーー」と、心の中で叫んでいたら

天から降ってきた 言葉は

「ニライカナイ」 

琉球列島各地の伝承で、遥か遠い海の彼方にあって
神が住むとされる 理想郷

ここ大島も、周囲を海で囲まれています。
熱帯ではなく、亜熱帯ですが・・・

この海の向こうにも、ニライカナイはあるのかしら
水平線の ソノムコウ

頭の中から、ニライカナイが離れません。
ずっと、唱えています。
[PR]
# by paopaoy | 2006-09-28 06:11 | 言葉 | Comments(0)
萩の花
通勤途中の山道に、萩の花が咲いています。
あの紅い、小さな花たちを見ると、何故か、
仕事を終えて、カチカチに固まってしまった
心が、ほわーとやわらかくなるような気がします。

少女の頃、祖父から渡された萩の花束を抱えて
近くに住む叔母の家まで、届けに行ったことが、
今でも懐かしい思い出です。

その時の、とても嬉しかったことが
萩の花を見ると やさしい気持ちに
なれることにつながっているのなら

おぢいちゃんが、私に伝えてくれたこと
と、思います。

いつも、萩の花が咲いているのを見た日から
私の秋が、始まります。
[PR]
# by paopaoy | 2006-09-27 06:14 | 草木 | Comments(1)
番外
今朝、島の大通りのことを 書いたけど
後で、読み返してみたら 大切なことを
すっかり、書き忘れていました。

その言葉が、あるとないでは あまりにも
違うので、付け足しさせていただきますね。

  風が、心地よいのです。

 「風」 です。
時に、窓を全開にして 走ります。
[PR]
# by paopaoy | 2006-09-26 18:42 | 生活 | Comments(0)
路地
島で暮らしています。
橋が架かっているので
車で通勤しています。
島の大通りは、ゆったりしていて
緑がいっぱいで、心地よいのです。

さて、「ろ」でした。
ずっと「ろ」のつく言葉を追いかけていましたが、
意外にも、たくさんありました。
さんざん迷った結果、選んだ言葉は
 「路地」 です。
島の路地。
 私の家は、路地の奥にあります。
 その路地から、海が見えるのです。
 私は、対岸の町育ちですが、埋め立てをしてからは
 海が遠くなりました。
 ここでは、海がすぐそばにあります。
 路地を行くと、猫がいたり、おばあさんたちが座っていたり
 行き会う人たちの、声が聞こえたりします。
 角を曲がって、石段を上がったら、 
 私の家です。
 路地裏の、小さな家。
 遊びに来て下さい。
[PR]
# by paopaoy | 2006-09-26 07:02 | 生活 | Comments(0)
「い」 は 一番
一日、糸口を探しておりました。
何から書き始めたらよいのか・・・
思いついたのは、「いろは歌」でした。

 色は匂へど 散ぬるを   から始まる
いろは歌の、「い」のつく言葉から と
思ったのです。
イメージは、いろいろ広がっていきます。

その昔、書き綴っていた詩(と、呼べるものかどうか?)
の中に、石が やがて 糸になる はなしが
ありました。

     語る石の カタルシス
 私の心は 石で できている
 堅くて 丸い その石は
 とても おしゃべりで
 独りで 語り続けると
 ことば は 糸 になる
 ことば を 紡いで
 長い 長い 糸 になる

そうすると、糸は一体、何になるのでしょうね?
いろは歌が、一巡りする頃には
一枚の 絵になっているのでしょうか?
「絵」 は 糸 と 会う と書きます。
はたして、新しい何かに、出会うことができるのか・・・
 
言葉たちは、よちよちと 歩き始めています。
[PR]
# by paopaoy | 2006-09-25 06:58 | 言葉 | Comments(0)
出発
4Bの鉛筆で書いていたことはあるけれど
まさかブログを始めるなんて
夢のまた夢でありました。
原始的アナログ人間 「アナログ原人」の
私ですから
どこまで進化できることやら・・・
洞窟の中で、あたため続けてきた言葉たちが
光を求めて、「ソノムコウ」に辿り着けるように
とぼとぼと、歩き始めたいと思います。
 
私の朝は、4時から始まります。
起きた時は、真っ暗だったけど
だんだん明るくなってきました。

さて、出発です。
[PR]
# by paopaoy | 2006-09-24 06:28 | Comments(3)
トップ

つれづれ日記
by paopaoy
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧