カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
<   2017年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
火星大接近の日
いきなりその声は聞こえてきた。目の前の受け付けの椅子に座っているおばあさんが訴えるように「その日は16年の火星大接近の日だったからよく覚えています。6月1日でした。」けれども「その日の記録はありません。」という答えに何度も何度も「火星大接近」という言葉を繰り返すので 気になって家に帰ってから調べてみた。

確かに「火星大接近」は2016年にあった。6月1日ではなく5月31日だったけれど。そして大接近ではなく中接近だったような・・・それでもそのおばあさんにとって「火星大接近」は衝撃的なニュースだったのだろう。16年と言い張った為 2016年ではなく平成16年には記録が残っていなかったらしい。

「火星」と聞いて私の心に浮かんだのは 高村光太郎の詩だった。
「火星が出てゐる」
要するにどうすればいいか、といふ問いは、
折角たどった思索の道を初にかへす。
要するにどうでもいいのか、
否、否、無限大に否。

といふ、詩。続きも書きたいところですが この辺で。あとは心の中で唱えます。

次の火星大接近は2018年7月31日だそうで 楽しみに待つことにしよう。
思いがけなく火星を意識することになった。その後 そのおばあさんを見かけたら「あ、火星大接近のおばあさんだ。」と思ふ。

追記 ふと見れば 先日8か月ぶりに図書館に行って借りてきた五冊の本の中に
「LIFE ON MARS? 火星に住むつもりかい?」という伊坂幸太郎の本があった。無意識の選択だったけれど タイトルを見てびっくり!これから読みます。



[PR]
by paopaoy | 2017-05-25 22:08 | 詩歌 | Comments(0)
母の日に
メモとして淡々と書いてしまおう。
元々私は気もきかず、お金もなく、母に何かをしてあげるなどということはほとんどなかった。その時できることをするばかりだった。
四人姉妹の二女だけれど 女の子というより男の子のような・・・親との関わりが淡々としている。口下手で思うように話せないからコミュニケーションも取りづらい。
だから・・・のことで 今さら何てことはないのだけれど。
今日は強烈だった。
朝、実家に行ったら母は美容院に行って留守だった。お願いしたいことがあったので美容院に行って話したら うるさいとばかりに追い払われた。すると話を聞いていた母の髪をカットしていたYさんが「この人に何か言うときは(こうしてね!)て一言でいいんよ。そんな下からややこしいこと言うてもあかんわ。」と言った。
ほんまにね、62年もこの人の娘をしているのに いつも気持ちが届かないと思っていた。そうなんよね。でも出来ないんだ。私は犬や猫のように追い払われる娘のままだ。

母の日なのに 裏目にでてしまったので憂鬱だったけれど 毎度のことさ。変わらず淡々と生きていこう。

[PR]
by paopaoy | 2017-05-14 22:11 | 気持ち | Comments(2)
希望口の桜
もう既に桜の季節は終わっているが 葉桜になって初めて気が付いたのだ。希望口のバス停も見事に咲いていた桜の木も無くなっていることに。
バス停は熊野交通から町のコミュニティバスに代わってからは少し手前の進行方向の左側になっていた。(これは紀伊大島のお話です)
いつも樫野に行く為、素通りしていたのでほとんど気に留める事もなかった。

最近 町内を車に乗って走っていると 枝をばっさりと切られた木をよく見かけるようになった。枝が張って道の上に掛かってくると「問答無用」とばかりに切られてしまうようだ。枝ぶりなどお構いなしに。私には「無残やな」としか思えないけれど。
そして希望口の桜も切られてしまった。

山の木の名前がわかるといいなと思い 京大紀伊大島実験所の梅本信也先生が書かれた「紀伊大島フィールド・ガイド」や「紀伊大島里域句集」を引っ張り出してきて思い出したのだ。2005年発行の句集の中に「桜散る 桜散るなり 希望口」という句があった。注釈に「紀伊大島中央部にある希望口バス停付近のオオシマザクラの散り様は大変に素晴らしい。」と書いてある。そうだったのだ。見事な桜は はらはらとはらはらと見事に散っていったのだ。もう見る事は出来ない。

歩かねば・・・と思った。木を知る為には車で走っているばかりでは見落としてしまうものが沢山ある。歩いて木に会いに行こう。木に名前を教えてもらおう。

[PR]
by paopaoy | 2017-05-09 16:42 | 草木 | Comments(3)
トップ

つれづれ日記
by paopaoy
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧