カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
<   2016年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
燃え尽きた、かも
あるいは「抜け殻」か。よく言われていることだけど まさか自分がそういうことになるとは思ってもいなかった。店を閉めて26日。何も手につかない。片付けているつもりだけど心ここにあらず・・・ってか。

4月8日に体からのお知らせがあって血圧が上がっていることに気がついた。血圧にはいろいろとおまけがついていた。おそらくそのほとんどが父からの体内遺産だろうと思われる。ありがとう、おとうちゃん。
眼圧も血圧もその他諸々、毎日薬を飲めばいいのです。仲良くつきあっていきます。

遺産と言えば、4月いっぱいで店で借りていた車庫をお返しするので片付けていたら 棚の上に何十年もの間埃にまみれた分厚くて細長い硝子がたくさんでてきた。拭いてみたけど使えないし捨てるしかない父の置き土産。本当に硝子が大好きだったんだね。店の中にもいっぱいある。店の棚はほとんどが硝子だった。
天井には数え切れないほどのフックがついている。

父が作り上げてきた店を片付けていたら 父と過ごした日々が甦ってきた。串本に帰って来てから父が亡くなるまでの8年間。認知症になってからのほうが長かったけど そばにいて見ていられたことが私にとって一番の父からの贈り物なのだと思っている。ありがとう、おとうちゃん。

もうすぐ七回忌の法事をするから みんなが帰って来るよ。
そうそう燃えつきた、なんて言ってられないね。がんばろう。
[PR]
by paopaoy | 2016-04-26 16:09 | 父のこと | Comments(0)
ピアノと血圧
金曜日の夜はピアノのお稽古で 毎日弾いているのだから大丈夫と思っても 先生の前に行くと緊張してうまく弾けない。
一人で弾く時はなんとか弾けても 二台のピアノで先生と連弾になると ますますあせってしまって間違える。

これではいつまでたっても発表会は無理だね、と自覚している。
それどころか、昨夜はもっと大変なことになってしまった。
ソナチネ4番の半分が やっと終わって次のところを先生に弾いていただいたら とんでもなく難しくて こんなの弾けないよと思っていたら「右手で弾いてみなさい。」と言われて 目は楽譜を追いつつ右手はたどたどしくも鍵盤を辿り弾いていたら 急に額から汗がぽたりと流れ 眠くもないのに生欠伸が出始め 胸のあたりがもやもやとなり 困ったことに下腹がしくしくと痛くなり もうギブアップ!なのに とにかく終わりまで弾かなくちゃと必死なのでありました。

弾き終わったら 先生が「何だか疲れた顔してるわね。」とおっしゃって 私は「ありがとうございました。」というのがせいいっぱいで 車に辿り着いたものの動けなくて ふと思い出したのは この近くに知人のKさんがいる!ってこと。
すぐにTELしてお邪魔した。ちょうど出先から帰ったばかりだそうで 助かりました。
トイレをお借りして 熱いお茶まで入れていただき本当にありがとうございました。
 
Kさんは 私の様子を見て「それはもしかして血圧が急に上がったのではないかしら。」ということで 確かに更年期の頃にこういうことが多々あった。久々に極度の緊張に体が「もう無理だよ。体は限度を超えてるよ。」と反応したのだろう。
私の意識より体のほうが正直だったのだと思う。

店を閉めてからの私は空回りばかり。無駄な動きばかりしていた。
疲れているのにじっとしていられなくてうろうろしていた。
さすがに今日はもう動けなかった。

でもピアノはやめないよ。ぼちぼちやります。難しいのが面白いと思えるので。
先生の前で緊張しない!というのが 今後の目標・・・かな。
[PR]
by paopaoy | 2016-04-09 21:02 | 生活 | Comments(0)
呆然と
意想外というのではなく わかっていたはずなのにやっぱり呆然としている。
どうしていいかわからなくて、ぼんやりしている。
片付けなければいけないことがいっぱいあるのに 何も手につかない。
店を閉めてもうすぐ一週間。

困ったね。なのに毎日、自転車で走り回っている。
一体私はどこへ行こうとしているのだろう。
頭と心と体が繋がっていないのだろうか。
あるいは「抜け殻」か。本当にからっぽになってしまった店の中で まだ動けないでいる。
気持ちが。

ちょっと待ってね。一息ついたら また一歩出られるかな?
14年間、ここにいたら色んな人たちに出会えた。ありがとう!
私は確かに支えられています。 
[PR]
by paopaoy | 2016-04-06 22:05 | 気持ち | Comments(0)
トップ

つれづれ日記
by paopaoy
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧