カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
朗読の時間です
久しぶりに図書館に行った。なかなか読めなくなってしまって遠ざかっていた。
今回は「詩」を読むことにした。本棚に大好きな茨木のりこさんの小さな詩集をみつけたのだ。
それは「わたくしたちの成就」 そっと大切に読むことにする。

それから 三好達治の「雪」
  太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。
  次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。

童話屋の田中和雄さんのこの小さな詩集が私は好きです。
 
三好達治の詩は中学生の頃から声に出して読むのが好きだった。
上手に読めたら 朗読と言えるのだろうけど。

そういえば ポエトリーリーディングの会というのを開いてみたいと思ったこともあったけど
田舎にいて 人見知りなどしていたら とうとう何もできないままだった。

もう一冊。加島祥造「求めない」 これは自分に聴かせるために声に出して詠むことにする。
たった一人の朗読の時間です。
[PR]
by paopaoy | 2016-03-29 23:31 | 詩歌 | Comments(0)
こどものおばちゃん
これは14年前のこと 広島から帰って来て実家の店を手伝うようになって 隣の八百屋の娘で当時小学4年のNちゃんと話をするようになった。
「夏休みにどんな本を読むの?」と聞いたら「チヌロップのきつね」と言うので「きつねの話よね。可哀そうで泣いた。」と言うと 目を丸くして「おばちゃん こども?」と言うのだった。
それから彼女は 私のことを「こどものおばちゃん」と呼び遊びに来るようになった。大人になると絵本を読まなくなるのか、絵本は大人の本じゃないとこどもの方が思っているのか、絵本の話をするおばさんが Nちゃんには不思議だったのだろうか・・・
この話は以前(2002年~2003年)の手書きの「海風通信」に書いてあった。
 庄原の絵本牧場ごんぼの玉ちゃんに読み聞かせしていただいた「チヌロップのきつね」 見ながら聞きながらポロポロ涙がこぼれたのを懐かしく思い出します。

もう14年になるんだね。今日久しぶりに会ったYさんから Nちゃんが結婚して大阪にいると聞いて「こどものおばちゃん」という呼び声がよみがえったのだった。
今はもう隣に八百屋はなく「こどものおばちゃん」は「こどものおばあちゃん」になり店を閉めます。
色んなことがあった14年だったね。Nちゃん、楽しい思い出をありがとう!お幸せに、ね!
[PR]
by paopaoy | 2016-03-10 23:56 | 気持ち | Comments(0)
店がからっぽになっていく
閉店を3月31日に決めたのは 残っている商品を売ってしまうということが難しいことと思っていたからだった。そう簡単には売れないだろう、たくさん残ってしまったらどうしよう、と正直頭を抱えていた。
ところが1月4日から半額セールを始めたら あれよあれよと売れていったのだった。
と言う訳で 店の中の商品が大幅に減り寂しいほどになってきた。ありがたいことでした。

3月になって 店にいても誰も来ない時間もあり 思い切って店を閉め(短時間です) 姉のグランドピアノを弾きに通っている。ペダルを踏むのよ。店の近くにあるから30分程使わせてもらう。ありがとう!おねえちゃん。
おかげさまで なんとかペダルを踏むタイミングがつかめてきた。
ブルグミュラーの「アベマリア」とソナチネ4番。楽譜にはペダルがないのに先生が印を書いて練習するようにとおっしゃるので。右手と左手が違う動きをする上に 目は楽譜を見て 右足はペダル、頭は真っ白ってか。

店はからっぽ。頭は真っ白。これからのことを考えたら お先真っ暗・・・か。
いいや!(これはそれでよいというのではなく いいえ!)負けへんで。まだまだこれからや!
店も 自分もからっぽになって もう一回仕切りなおしや。と思うことにする。

ピアノも三味線もお稽古したら 人より時間がかかるけど弾けるようになった。肝心なことは 簡単にあきらめてしまわないこと、だと思う。
[PR]
by paopaoy | 2016-03-06 16:49 | 気持ち | Comments(0)
トップ

つれづれ日記
by paopaoy
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧