カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
<   2015年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
三味線とピアノ
何でもそうなのだと思うけれども お稽古を続けるということは 時間と気力と体力と経済が必要なのだ。
あえて才能などというものは棚の上に上げておく。
時間がないだとか 気力、体力が希薄になったとか言ってはいけないのだ。希薄ではなく気魄だと自分に活を入れつつ この齢になるとよほど意識しなければ 物事は続かない。そもそも私は「なまけもの」だから。

経済は続くところまで・・・で お金がすっかりなくなれば 趣味など続けられるものではない。それはよくわかっている。「まぁ 贅沢な趣味ですこと!」は 若い頃油絵を描いていた時から 私にくっついている嘲笑だ。
身の程に合わない趣味ですってか・・・

三味線とピアノ なんて言ったら この貧乏人がなんて贅沢なことをと思われてしまうだろうけど なかなかやめられるものじゃない。ただ三味線は姉のおさがりがあるけれど さすがにピアノはない。
だから私はピアノがないのにピアノを習っている訳だ。

生意気にもちょっと上達してくると 本物のピアノが弾きたいと思う。一週間に一度 先生のグランドピアノを弾く時だけが本物のピアノに触れる時なのだ。
生意気にもローリングピアノでは物足りない・・・なんてね。

借家だし ピアノを置く場所すらないのに ピアノ、ピアノと唱えていよう。本物のピアノを弾きたいよう・・・
昔、昔、絵を描くためのアトリエが欲しいよう・・・と唱えていたけれど 叶わなかった。ピアノも然り。

何もなくても 何かをしている、というのが 私のスタイルなのだろう。欲は捨てよう。実を取ろう。
三味線とピアノを弾いて ぼけないように齢をとりたいと切に思う。
[PR]
by paopaoy | 2015-12-30 21:44 | 音・楽 | Comments(1)
47kg
今年のびっくりは私の体重が「47kg」ということなのである。
三年前は「53kg」が普通にあった。ダイエットなんて何をしても変わりはなかった。

二年程前から 友人に教えてもらって噛むことを始めた。ひたすら噛む。
少しずつ体重が減り始めた。それでもなかなか50kg越えはできなかった。

一年前位に50kをきって また少しずつ減り始め 今年の9月に初めて47kgに辿り着いた。
これは中学生の頃から見たことのない数字だと思う。それからアップダウンを繰り返し 今は
47kgが普通の状態になりつつある。ダイエットは全然意識していない。食べている。

噛むことを勧めてくれた友人も 久しぶりに会った息子の嫁さんも「それはストレスなのでは・・・」
と言ったけど そうなのかな?わからない。

色々とややこしいことが降りかかってきて 店も閉めることになった。ここを通り過ぎてしまえば
楽になってまた元にもどるかも・・・なんて思うと怖いけど。

ただ体重が軽くなると 体がふわふわして 足もふらふらして転んだりするのだと思う。
もしも 45kgまでいったら 私の場合 病気でしょう。今のところは 心の問題かな。
店を閉めることの責任が 自分が思っている以上に大きいのだと思う。
[PR]
by paopaoy | 2015-12-27 16:02 | 気持ち | Comments(1)
ぽっかりと
穴が空いたような・・・すっきりと・・・風通しの良いような・・・きっぱりと・・・別れを告げたような・・・
心はやっぱり・・・さっぱりと・・・あきらめのついたような・・・

母とは遠く心が離れてしまったような気もするけれど・・・これでいいのだ。

店を閉めるとはこういうことだ、と 前に進むことにする。

店の中で 仁王立ちして考える。日常を壊すこと。時には乱暴に動かないと何も始まらないのだ。
終わりだけれども 始まり。新しい明日に続く道。
[PR]
by paopaoy | 2015-12-18 21:53 | 気持ち | Comments(0)
決心
とうとう店を閉めることにした。なんとかがんばってやっていこうと思っていたけれど力つきた。色んなことが重なって いっぱい考えて決めたのだ。もう人のせいになどしないで 自分でこの事実を受け止めて後片付けをしていこうと思う。
ひとつ言えば 商売だって 相撲の「心」「技」「体」と同じで三つそろわないとだめだよね。体力は経済力。技術は職人さんだとそのまんま「技」だけど 商売人は売るためのテクニック。そして「心」やる気であるとか充実した気力。ある程度 強気でなければ・・・とも思うし。私には何もない。

私は 母に「一番商売のへたな娘が帰って来た。」と言われてしまうくらいだから 向いてないのはよくわかっているつもりだったけど やっぱりへたくそだった。先日からの「オイヨーツライヨー」はまさに私のことだった。

しかし、負けまへん。これからのことを思えば よろよろでよれよれの自分であっても何とかしなければなりまへん。正直なところ 店という砦がなくなって さっぱりぽんと何もなくなってしまったら 力がわいてくるのかもしれない。私はもう何度も谷底に落ちている。

「いざ行かん!」だね。年々少なくなってきているけれど お客様がいらっしゃるので後三ヶ月 誠意をもって対応して 静かに退こう。母は65年間、私はたったの14年だけれど ありがとうございました。 
[PR]
by paopaoy | 2015-12-07 00:00 | 気持ち | Comments(0)
音頭と節
音頭とは「多人数で歌う時などまず(ひとりで)歌って みんなの調子を取ること」「人の先に立って何かをすることをも指す(音頭を取る)」と新明解さんに書いてある。しかし これだな。「多くの人が はやしにつれて踊ること、またその曲(踊り)」

作ってみました。このブログは 寂れた町の商店街みたいなものだから(人が来ないのよ)書いてしまおう。

     「オイヨーツライヨー音頭」・・・です。

 オイヨーツライヨー  オイヨーツライヨー  コリャコリャコリャコリャ  コリャコリャコリャコリャ
  
 何がつろうて 後ろ向き お天道さんが 見ーやるよ  空を仰いで 日に三度

 オイヨーツライヨー 叫びましょう  ツライ時こそ 歌いましょう  ツライ時こそ 踊りましょう

 オイヨーツライヨー  オイヨーツライヨー  コリャコリャコリャコリャ  コリャコリャコリャコリャ

もうひとつ    「どもならん節」

 どうもならんよ  どもならん  人の言うこと  聞かしまへん

 あがばっかしの 大人やさか  どうもならんよ  どもならん

 どんだけ言うても  聞かしまへん  オライヤ イヤーヨ ナーエージョー

 訳わかりまへん  どもならん  手に負えまへん  どもならん

 オットットット  どもならん  イエー!


全く 訳わかりませんが 身の回りには必ず困った人たちがいて 人知れず ご苦労なさっている人もいて
「オイヨーツライヨー音頭」は 応援歌です。
今 とてもとても拙いですが 作曲中です。笑ってやってください。そのうち 踊りも考えます。
今 つらくても 笑い飛ばして がんばろう ね! 
[PR]
by paopaoy | 2015-12-02 23:54 | 音・楽 | Comments(0)
トップ

つれづれ日記
by paopaoy
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧