カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
読書ノート
今年読んだ本などの記録です。以前ノートを作って書いていたけれど いつのまにか行方不明になって そのうちすっかり忘れてしまった。
12月6日に図書館で 西加奈子の「サラバ」上下巻を借りて読んで どえらい大作だったので 今年はもうこの二冊で打ち止めだ!と思った。けれども懲りない私は 柴崎友香の「わたしがいなかった街で」を読んで
益々マイノリティな人たちがいることを思った。たぶんこれからも何度も読み返すことになると思う。私は好きな本は何度でも繰り返して読む。

好きな作家はと問われたら「堀江敏幸」と答える。「いつか王子駅で」はずっと読み続けたい本だ。
それから「梨木香歩」の「家守綺譚」「冬虫夏草」「村田エフェンディ滞土録」
三浦しをんは「仏果を得ず」「舟を編む」「風が強く吹いている」が好きだ。三浦さんは書評がいい。

11月に読んだ村田喜代子の「光線」「屋根屋」 万城目学の「悟浄出立」
10月に田口ランディの「キュア」を読んで「マアジナル」「アルカナシカ」も読んだ。

私は作家の名前と本の題名は書くけど 内容と感想は書かない。私は説明ができない。
ただただ読むばかりで それは夜はほとんどTVを見ないから 本を読んでいる訳だけれど よく読む作家や本を頭の中で整理したいなと思った。

いと山秋子が変換できない。糸が二つなんだけど。「末裔」を読んだ。「海の仙人」は何度も読んでいる。
文庫が薄くて軽いので 出かける時に持っていく。
津村記久子も好きだ。今年は「ポースケ」 中島京子は「小さいおうち」映画も見た。
図書館には 私が好きな作家の本が悲しい程に少なくて新作もなかなか入らない。

角田光代の「ツリーハウス」 「八日目の蝉」もだけど長編が良い。
瀬尾まいこの「戸村飯店青春100連発」はヤングアダルトコーナーに置いてあった。児童文学と文学の間ということか。私にはこの括りは?だけど 好きな本が多い。

男性作家が少ないね。伊坂幸太郎といしいしんじ、池澤夏樹が好きだ。いとうせいこう・・・「い」ばっかりだ。
書き始めたら 止まらなくなる。
来年は どんな本に出合えるだろうか。目がもっと悪くなって読めなくなるまで ずっと読んでいたい。
[PR]
by paopaoy | 2014-12-15 22:13 | 好きなもの | Comments(1)
努力って何?
「儲からないのは努力が足りないからだ」と言われ続けて 13年近く父が始めた店をしている。
「切り盛りしている」と言えないのはうまくさばけていないからだ。よくわかっている。
私には商売の才能はない。居直ってしまってはいけないのかもしれないが ここまで下がってくるともう笑うしかない。

努力とは 目標を実現するために 心や身体を使ってつとめること。
努力とは 目標を掲げ そこに到達するために邁進することである。・・・と wikipediaに書いてある。

先日 TVを見ていたら お大臣さまの演説で「この2年間で利益を出していない企業は よほど運が悪いか 経営者に能力がないかだ」という言葉を聞いて 脱力した。

僻地とも言える田舎の商店街の小さな店だから 企業の経営者ではないけれど これはもう努力云々という問題ではないのだ。運が悪くて能力がなければ 沈むしかないのか・・・・・

11月末で車の保険が切れても更新できず 12月の車検も受けられず とうとう車を手放した。
経費を抑えるしかないと思った。
配達もあるので 姉の車を借りている。

努力って何?と言って 商売には脱力しているのに 趣味の三味線には力が入っている。
今の経済状態で大変な贅沢だとわかっているけれど 三味線の為の努力はできるのだから 商売もがんばらないといけないね。
沈みっぱなしではなく 浮かび上がれるように。
 
[PR]
by paopaoy | 2014-12-10 22:34 | 店のこと | Comments(0)
都鳥
2011年10月に「黒髪」を弾き始めて早三年。今は本調子の「都鳥」を弾いている。
三下りの「黒髪」「宵は待ち(明の鐘)」「ことぶき」のあと「菊ずくし」「菊壽の草摺(いきほひ)」を弾いてから、
本調子の「松の緑」「末広狩」そしてやっと「都鳥」なのだ。本当にぼちぼちで三年もかかってしまった。

今年の三月から習い始めた友人がもう「黒髪」を弾いているので 早晩追い越されてしまうだろうなと思いつつ
マイペースでゆっくりいきましょうとお稽古している。
三味線を弾くのは思いのほか力がいる。糸を押さえる左手も 撥を持つ右手も皮を叩くので手首が痛くなる。
先生のお稽古のあとは座っているのに 100メートルを全力疾走したような気がする。くたくたである。

それでもやめられない。これだけは何があっても続けたい。へたくそで不器用でどうしようもないけれど この間のお稽古のとき「音感がいいんだから がんばれ。」と言ってくださった。
「都鳥」覚えます。
[PR]
by paopaoy | 2014-12-07 17:44 | 音・楽 | Comments(0)
トップ

つれづれ日記
by paopaoy
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧