カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
足にきた!
性懲りもなく 私たちは引越しをしている。
私自身は数えてみたら20回目の引越しだった。
串本に帰ってきてからは 11年4ヶ月で5回目だ。
古座ヴィラ 大島 樫野 潮岬と転々としている。

今回は同じ潮岬で 旧宅から車で2分のところだけれど
引越しの作業は同じだから もうすぐ還暦の私たちには
真夏ということもあり 相当堪えた。

二人で少しずつ荷物を運んでいる。
運送屋さんに頼むほどの経済力がないので ずっと自力だ。
大きいもの(冷蔵庫と洗濯機 小さな和箪笥 二人用の
食卓といす ソファと小さな食器棚)は 叔父に軽トラを
借りて「夜逃げしてるみたいだね~。」と言いながら
夜暗くなってから運んだ。

7月は 引越し月間と1日から予定を立てて進めてきた。
20日に大きな荷物を運んで やれやれと思ったら
きたきた!きたきた!
何がって 痛いのよ~。足が。
連れ合いは膝に 私は右の足首に。

まだまだ続く 引越し月間。
今月いっぱいのつもりだったけど「もう次に入る人が
決まったので 28日に出てください。」ということで
あと一週間。
二階に私のがらくた(三年近く押入れに入れっぱなし)が
そのまま残っている。生活には何の用もないものだけれど
宝物なので早く片付けたい。
それから お掃除。頑張らねば!
 
今度の家は 私がアトリエに借りていた姉の家の離れ。
もうしばらく絵は描かないので 住んでしまうことにした。
ありがとう!おねえちゃん。
私たち背水の陣で頑張るからね。
[PR]
by paopaoy | 2013-07-22 17:00 | 生活 | Comments(0)
文化の難民
見たい映画がある。けれどもこの町には映画館がない。
いちばん近くの映画館は車で45分、それでも見たい映画は
なかなかやってこない。
 
都会ではあたりまえにある文化は 田舎には何もない。
映画館も美術館も音楽会も落語会も 見たい聴きたいものは
日常的には何も望めない。
 
本を読むしかないと図書館に行っても 趣味が合わないのか
読みたい本にはなかなか出合えない。
商店街には 町の本屋さんが一軒もなく チェーン店の本屋には
読みたい本は回ってこない。

ないないづくしでいやになるけど 11年前に故郷に戻るという
選択をしたのだからしょうがない。
毎朝 海を見ながら「景色だけはいいんだけど・・・」と思う。

時間と距離と経済を克服できればなんとかなるのかもしれない
けれど それがままならないのだから やっぱり私たちは
筋金入りの「難民」なのだ。

今 原田マハの「キネマの神様」を読み返しているところ。
せめて私は 自分の文化的飢餓感を慰めてくれる文章に
救われたいと思っている。 
[PR]
by paopaoy | 2013-07-08 16:37 | 気持ち | Comments(0)
よく噛んで食べること
大食漢の上 早食いとなると 痩せるのは無理でしょ!とあきらめていた。
先日 久しぶりに会ったSさんが「油抜きの食事と一口50回噛んで食べたら
二ヶ月で5キロ痩せた」と言うので 油抜きはすぐにはやめられないけど
噛むことはやってみようと思った。

ご飯を50回も噛んでいたら草臥れるけれど 続けていたらご飯は噛むと甘い。
いろんなものの味がよくわかるような気がした。
味わって食べるというのは このことなのね。
今まで私はじっくり味わうこともなく飲み込んでいたのだ。

幼稚園のころはお弁当を食べるのに時間がかかって 園長先生がつきっきりで
みんなが帰る時間までずっと食べていた記憶がある。
どうして食べるのが早くなってしまったのか。それは18歳の時京都の短大で
ワンゲルに入って合宿に行くようになってからだ。なんだか早く食べないと
いけないというので頑張ったのだな。

よく噛んで食べていると 内側からじわ~と熱くなってくる。汗も流れる。
「なんだか修行しているみたいだよ~。」と言いながら噛み続ける。
はっきり言って すぐには痩せないと思う。油抜きも充分にできていないし
(気持ちだけ減らしているつもり)続けることが大切なのだと思う。
習慣になってしまえばいいのだけれど。

ただ噛み続けていると疲れてくるので 食べるのはもういいやと思えてくる。
そうすると少し小食になる。
少しずつ痩せていくことにしよう。急に痩せたらびっくり!だものね。
こっそり ゆっくり じっくり・・・です。
[PR]
by paopaoy | 2013-07-03 16:37 | 生活 | Comments(0)
トップ

つれづれ日記
by paopaoy
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧