カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
腫れ物
10日程前のこと 頭の右半分がぼこぼこに腫れてきた。
後ろ頭から首まで腫れていた。訳がわからない。
自分の体のことなのに どうしてこうなったのか・・・
さっぱりわからない。
しばらくして 髪の中を触ってみるとぽつぽつと先に
芯のようなものがある。かさぶたができるのなら「これは
おできか!」と思ったが ちくちくする。
頭の中の問題ではなく 表皮が痛い。頭の半分が痛い。

何日か経って 左の首筋のリンパ腺が腫れてきた。
もうたまらんと思って 掛かりつけのお医者さんに行った。
「頭のヘルペスです。三日間点滴をしましょう。」
 
今日で二日目。何故こうなったかがわかったから 痛くても
がまんできる。訳がわからない時は 不安で気持ち悪かった。
それにしても ちくちく痛い。
後ろからそーっとやって来て 針の先でつっついてんのか!
後ろ頭の右半分が おっとっと!だ。
先月のギックリ腰がやっと何とかなってきたと思ったら
今度は頭だ。
しばらくこのちくちくとつきあうことにしよう。
[PR]
by paopaoy | 2012-10-30 11:31 | 生活 | Comments(0)
森の母
平凡社新書の「ネイチャー・カレンダー」を読んでいたら
10月のページに =西欧では、ブナ林を「森の母」と呼ぶ。=
と 書いてあった。
私は ブナ林を見たことがない。けれども「ブナ」「ぶな」と
唱えていたら ふいにあの歌がよみがえった。

「ぶなの森の葉隠れに 宴寿ひ賑はしや
 松明明く照らしつつ 木の葉敷きてうついする」 

意味わかんね~と思いつつ 高一の秋に音楽部の合唱に参加して
歌ったのだ。
田舎の高校の音楽部は女子ばかりの少人数で 混声合唱をするため
急遽 マンドリン部にも声がかかったのだ。
三年生の男子の参加もあって にわか合唱団は練習を重ね舞台に
立った。

さて この歌は一体なんだったんだろう?40年も前の事ゆえ
思い出すのに時間がかかった。
シューマンの「流浪の民」だった。
一人で 声に出して歌って見たら 歌詞を見たら歌えた。
歌は 深く自分の中に入っているのだと思った。
その頃の思い出も一緒に出てきたけど・・・
 
「ぶなの森」は 寒いところに行かないと見られないのね。
北半球の温冷帯、ヨーロッパ北部から北米を中心に分布している。
日本では 北海道渡島半島から東北・中部地方の山地、鹿児島県
高隈山まで見られる、とある。
中でも青森と秋田にまたがる白神山地のブナ林帯は世界有数の規模を
持ち、世界遺産に登録されている。

行かなくちゃ!いつか きっと。
ぶなの森は 縄文の森。人間の故郷なのだと思う。
[PR]
by paopaoy | 2012-10-22 16:06 | 音・楽 | Comments(0)
にっちもさっちも
今朝 壊れた大きなトランクを車に積んで 店から200m先の
実家に運んだ。
途中で 黄色いカバーをかけたランドセルを背負った女の子を
見た。小学校はとっくに始まっている時間だった。
実家から 空のペットボトルを積んで役場の横に捨てに行った。
帰りに またランドセルを背負って歩いている女の子を見た。
さっきとは違う道を歩いていた。変だなと思った。
気になったので「パンを買って来ます。」と言って 自転車で
出かけた。女の子はやっぱり歩いていた。
 
おせっかいなおばさんは 女の子に声をかけた。
「どこへ行くの?学校へ行かないの?」
女の子は「行きたくない。」と言った。
 
ここで賢明な大人は 学校に連れて行くか まず学校に電話を
するか・・・でしょうね。
あほな私は「学校に行きたくない。」と言う女の子につきあって
一緒に歩きながら 話を聞いた。と言っても 私の質問に
ぽつりぽつりと答えるだけだったけど。
それでも「送って行くから 学校に行こうよ。」と何度言っても
首をふるばかり・・・
今更 放り出して帰るわけにもいかず。困った。
「にっちもさっちも」でありました。

しばらく歩いていたら「あ~ おった。おった。」と女の子を
捜していた人たちに出会って よかった!のですが・・・
私ったら まるで誘拐犯みたいじゃないの。
何とかしてあげたくて せめて連絡できるところを聞いて連れて
行ってあげようと思ったのだけれど。

やっぱり学校に連絡すればよかったのね。
おばあさんなのに 女の子と一緒に歩いていたら 私も女の子に
なってしまって 途方にくれてしまった。
女の子の全身から発する「学校に行くのが嫌だ」オーラを思い切り
受け止めてしまったよ。

いろいろと感じること 考えることがあって つらかった。
結局何もできないのにね。

  
[PR]
by paopaoy | 2012-10-15 15:51 | 気持ち | Comments(0)
わびしき思いに
秋になれば「旅愁」を口ずさむ。
「更け行く秋の夜 旅の空の わびしき思いに一人悩む
 恋しや故郷 懐かし父母 夢路にたどるは故郷の家路
  
 窓打つ嵐に 夢も破れ 遥けき彼方に 心迷う
 恋しや故郷 懐かし父母 思いに浮かぶは 杜の梢」

しかし 見事な文語体であり この歌を初めて歌ったのは
まぎれもなく小学生の頃だった。
「わびしき思い」は何だったのか?今ならわかるけど・・・
そんなことはお構いなしに好きな歌だった。

原曲のアメリカのオードウェイさんの「家と母を夢みて」
という楽曲は アメリカではほとんど忘れられていて
これはもう日本の愛唱歌として根付いてしまったのね。

 =旅愁は日本の詩人である犬童球渓が明治40年(1907年)に
 詞を訳した翻訳唱歌である。=

そうすると この歌は105年も歌い継がれているのだ。
メロディはもちろんのこと この素晴らしい歌詞はわびしくなく
日本人の心に住みついたのだ。

 今日 県立図書館にリクエストしていた干刈さんの本が二冊
 届いたので借りてきました。
 秋の夜長にしみじみと読みことにします。
[PR]
by paopaoy | 2012-10-04 17:41 | 音・楽 | Comments(0)
トップ

つれづれ日記
by paopaoy
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧