カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
三角会議
会議と言う程大げさなものではないけれど 広い会場の黒板の前に
会議用のテーブルを三つ 三角形に並べて アドバイザーの先生が
黒板の前 その右側に私 左側に商工会の指導員の方が座った。
この形は 語り合うには最適の形なのだと 初めてわかった。
それぞれの言葉がきちんと理解しあえるし 何よりも言葉が重くて
話せないと思っていた私が しゃべっていた。
そもそも私が「これから店の経営をどうしたらいいんだろう」と
悩んでいた時 指導員の方に話を聞いていただき「アドバイザーの
経営診断を受けることができる」ということで 昨日の三角会議に
なった。
帰ってきてからの10年間の思いを聞いていただき 目からうろこの
ようなお話を聞かせていただき 三人で二時間半 語り合った。
これが始まりで これから私は具体的なプランを考えていく。
夢物語ではなく 実現可能な方法を考えて 実行する。
何ができるか とにかく動かなければどうにもならない状況だ。
嘆いているより 何か楽しくなることを考えよう。
そして始めよう。
本当の名称は知らないけれど 三角会議はいいね。
真ん中にスピリットが座っていたのかもしれない。
[PR]
by paopaoy | 2012-02-28 16:22 | 店のこと | Comments(0)
田舎の前衛(アヴァンギャルド)
二月は憂鬱だと思っていた。
風邪はずっと すっきりと治らないままだし
落ちてしまった気力が上昇する気配もない。
しかし「今日の芸術」を読み進むにつれ少し
わかったことがある。
私の憂鬱は「田園の憂鬱」ならぬ(田舎の)
「前衛の憂鬱」なのだ。

18歳の時 京都の絵の学校に行って初めて
シュールレアリスムに出会った。
ど田舎の娘には それは驚愕の出会いだった。
けれども「今日の芸術」には 私が生まれる前から
すでにそれはあったのだ。
岡本太郎いわく「スュールレアリスム」(超現実派)
遅れていた私にとって 更なる驚きは10年前のこと
この田舎町に戻ってきて 絵の展覧会に行ったら
30年前と同じような絵が並んでいた。

その中で描き始めた私の作品は 中途半端な前衛
でしかなかった。古いのに新しい?
田舎町では「わからん」と言われ続け 描けば
描くほど ドツボにはまる。
それでも 描かずにはいられない。
田舎のアヴァンギャルドは哀しいね。
すでに遅れているのに 先走る。

私はただ 表現したいだけなのだ。
[PR]
by paopaoy | 2012-02-23 10:43 | | Comments(0)
白紙
昨日 書いていたら 突然消えてしまった。
頭の中が 真っ白になった。
「白湯」というタイトルだった。
「白湯」が「白紙」になってしまった。
「さゆ」冬の朝 あまりに冷たくて 水が飲めなくて
電気ポットのまだ沸騰していない湯を飲んだという
単純な話。
無味無臭無色の ただのお湯がほっこりと温かくて
嬉しかった。
ただそれだけのこと。
「白紙」もいいな。何にも描いていない真っ白な紙。
描けない私にぴったりだ。 
色や形を転がしているんだけど やっぱり出てこない。

 今夜は 岡本太郎さんの「今日の芸術」を読もう。
私が生まれる前に書かれたものなのに 斬新で
読むたびに 目が覚めていく思いがする。

私はまだ「白紙」です。
[PR]
by paopaoy | 2012-02-21 16:43 | 気持ち | Comments(0)
からっぽ
そろそろ来てもいい頃なのに 何も出てこない。
去年の今頃は もう描いていた。
分度器を買いに行ったんだ。七角形を描いた。
 
風邪をひいて 咳こんでいるうちに 体力、気力が
落ちてしまったのか・・・
色も形も 何もない。からっぽのこころ。
からからからから 揺らしていよう。

自己主張も ひとりよがりもやめて ぽかーんと
していよう。
からっぽの自分を見ていよう。
[PR]
by paopaoy | 2012-02-13 16:48 | 気持ち | Comments(0)
体調不良
1月31日にのどが痛くなった。それから身体の節々が痛くなった。
けれども発熱はない。早めに寝たりしながらも 仕事を休むことなく
近所の薬屋で買った風邪薬を飲み トローチを舐めていた。
この度は病院には行かなかった。
先月ギックリ腰がきた時も 腰にカイロを貼って暖めた。
治療院には行かなかった。とりあえず どちらも治まっている。

55歳を過ぎてから 寒くなると調子が悪い。
昨年は いきなり発熱したり 痔がでたり ギックリ腰も重症で
動けなくなった。
今年の寒さは半端じゃないけど なんとか過ごせている。
冷えてはいけないと思い 家の中で着膨れている。
店も 暖房はほとんど効かないので 靴下はいつも2枚はいて
レッグウォーマーも外せない。首にはタートルネックのセーターの上に
ネックウォーマー、風邪がひどい時は毛糸の帽子も脱げなかった。

今はもう身体は回復している。のども痛くはない。
けれども 声が裏返って 歌えないのよー!
これは困った。歌えなくなると 歌いたくなる。
声が戻ったら 車の中でいっぱい歌おう。
私の車は カセットもCDも聴けないけど アカペラで大声で歌うんだ。
対向車の人 きっと笑えると思います。
[PR]
by paopaoy | 2012-02-04 16:28 | 生活 | Comments(0)
トップ

つれづれ日記
by paopaoy
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧