カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
アンティーク屋さん
夕方 学校帰りの小学6年生位の男の子と3年生位の女の子が
店の前を通りかかった。
正面の大きなウインドーに差し掛かったところで 女の子が
「このお店は 何屋さんかな~?」と言うと 男の子が答えた。
「アンティーク屋さんだよ。」

なんということ!びっくりです。
実は 化粧品屋なのです。しかし その答えはとても素敵でした。
たぶん 陳列してあるものが古臭く 昔のお店のようだったのね。
私の趣味で ブリキのおもちゃのようなものや 東南アジアの置物が
飾ってあるから そう見えたのかな?

化粧品屋だけど 最近は洋服がたくさん吊るしてあるので 時々服を
買いにいらっしゃる年配のお客さまが 「あれ!ここは化粧品も置いて
あるんやね。知らんかったよ。」って 55年前から化粧品屋ですよ。
 
広島から帰って来て この店で仕事を始めて8年になる。
経営は年々厳しい。いつ閉めてもおかしくない状態ではあるけれど
母が元気なうちは何とか続けようと思う。

アンティークと 古本で仕事ができたらいいな・・・と思うけれど
寂れた田舎の商店街では 一体何を売ったらいいんだろう。
「アンティーク屋」なんて 看板が出せたら 素敵やね。
夢を ありがとう!小学生のこどもたち。
[PR]
by paopaoy | 2010-06-29 20:02 | 店のこと | Comments(1)
100均で
何かを作ろうと思ったら 材料を探しに「100均」へ行く。
「100均」とは 100円ショップのこと。
色んなものがあって 何か使えるものを探すのが楽しい。
何よりも 安いので助かる。

今回は 「空へ」という題で 織を中心に立体的に組み立てようと
思っているので 最初にビニールのビーチボールを買った。
膨らませると 昔のビニールの匂いがした。
その上に ぺたぺたぺたと水で溶いた糊を 刷毛で和紙に塗って
貼り付けていく作業をしていると 昔々の浪人さんの傘張りの
内職みたいだなあと思った。
貧しさは同じだけど 私のしていることは一銭にもならぬ遊びである。

何で「空へ」なのかというと 元々これは35年も前の卒業制作で
当時「カリフォルニアの青い空」という歌が 巷に流れていて
カリフォルニアなど一度も行ったことがない私は その青空は
どんなに青いのか 勝手に憧れていた。
今思えば 故郷の空は充分に青かったのに ね。

カリフォルニアの青い空と青い海 そしてレモンとオレンジ。
少し太めの白い糸を 青と水色と黄色とオレンジに染めて
織った。
ずーっと捨てずに持っていたので 思い切って出すことにした。
で ビーチボールは一体何なの?
説明するより 見に来てね!本当は出来上がったものより
作っているときの方が面白い。
作品は 単純だもの。
心を開放して遊んだら楽しいよ!ってことが伝わるようになれば
いいんだけど。
まだまだ 道は遠い。
[PR]
by paopaoy | 2010-06-16 14:12 | | Comments(2)
わたし
というのは 今 描いている絵のタイトル「わたし」
自画像かというと 「猿」なのだけれど。
「さる」も「わたし」も 同じだと思う。
目と鼻と口があり もう一枚の「あなた」も同じ。
ラダックの仏像の顔を描いている。
 
絵を描くどころではない・・・と思っていた。
ぎりぎりまで 今年の展覧会には何も出せないと投げていた。
ところが 昨日 すとんと心に落ちてきた。
「猿」と「仏」
なんでやねん!抜けていかないうちに描きとめている。
タイトルは 「わたし」と「あなた」
なんでやねん!って 思うよね。
私の絵なんて クレパスだし インスピレーションだけだもの。
 
今日 やっとわかった。
心の穴を埋める方法。描けばいいんだ。
一心不乱。少し 救われた。
[PR]
by paopaoy | 2010-06-10 22:22 | | Comments(4)
小学校の大きな階段
子どもの頃の遊び場だった西の岡が崩されていき 緑もすっかり無くなった。
景色が変わってしまったなと思っていたけれど まさか!と目を疑うものを
見た。小学校の校庭に 広くて大きな階段が出来ていた。
全ては いつ起こっても不思議はないと言われている「東南海地震」に備える
ための逃げ道だから 肯定しなければいけない。

運動会の時 階段に座って応援すればいいんだな。
野球やサッカーの試合を見るのに 前の人の頭が気にならなくていいね。
宝塚ごっこができるぞ!
なーんてね。

少し長く生きていると 懐かしいものが次々無くなって行くのだな。
幼稚園 影も形もない。
小学校 あるけど 違う。
中学校 校舎も体育館も全く違う。
高校 名前も制服も図書館も体育館も違う。
短大 存在せず。消えた。

想い出というのは このためにあるのだな。
60歳になったら 小学校の大きな階段に 同級生が集まって 並んで歌う?
叫ぶ!赤いちゃんちゃんこを着て 記念写真を撮る・・・など
あほなことを考えている。
[PR]
by paopaoy | 2010-06-06 21:53 | 土地 | Comments(2)
トップ

つれづれ日記
by paopaoy
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧