カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
家の中から夕陽が見える
夕方 食卓の椅子に腰掛けて 本を読んでいたら
右側の窓の外が 赤く感じて 立ち上がってみたら
夕焼けでした。
西の空が赤く染まっていたのでした。
外に出なくても 家の中から見える、というのは
驚きでした。

朝は 6時前に起きますが トイレに入ると 眩しくて
こちらは 朝日が見えるのでした。
時期は限られていますが タイミングがよければ
朝日も 夕陽も 家の中にいても見えるのです。

そういえば 先月の満月の夜、 縁側のカーテンを
開けたら まんまるのお月様が見えました。
ふとんの中で 月見ができる!と嬉しくなりました。
開けっ放しでは眠れないので 閉めました。

20年も前のこと 岸田衿子さんの随筆集の中に 
「太陽が海から昇って海に沈む島」と この紀伊大島の
ことが書いてあるのをみつけて 読んだことがあります。
残念なことに 図書館で借りたその本の題名を忘れて
探せないのです。

家の中からだと 海は見えないけれど 確かにこの島では
太陽は 海から昇り 海に沈んでいます。
一日中この島で お日さまを追いかけて
月や星を眺めていたいな~。
[PR]
by paopaoy | 2009-05-25 21:19 | 土地 | Comments(2)
連帯
子どもの頃ならともかく 人生50年を過ぎても
仲間とか グループの中に入れないで いつも
ウロウロするばかり・・・

殻が堅くて 出て行けないのだ。
一生このまま 心を開けないまま 埋まるのか・・・

悲しくなってきた。
うまく話せない。だから 絵を描く。
でも 伝えられない。
こうして たどたどしく ブログを書く。
言葉は 闇の中に消えていく。

叫べ!連帯だ。手をつなげ!
心細い時は 何をしよう。
 
今日 献血に行ってきた。
私の血は 誰かに流れていくのかな。

いくつになっても 幼い魂は 姉にも本当の気持ちが言えない。
母に否定されて哀しい なんて。

今夜は やけにぶるーだぜ。
[PR]
by paopaoy | 2009-05-20 20:53 | 気持ち | Comments(0)
労働する手
「あなた、何か労働をしているの?」
私の手を見た年配のお客様が びっくりしたように言われた。

「いいえ。子どもの頃からアトピーなんです。」
54年間 この手で生きてきたから もう何を言われても平気だけど
やっぱり 綺麗な手ではないのだと 思い知らされる。

もっと 手を使おう。生産する手になりたいと思い続けてきた。
不器用だから 手芸や洋裁や編み物を上手にできないし
ピアノを弾いても へたくそだった。
いったい何が出来るのだろう。
私の手は 働いているのか。
見掛け倒しになっているのかもしれない。
本当に働いている手になりたい。

化粧品屋の手ではないこの手で 化粧品を売るのが
今の私の仕事なのは とても皮肉なことだけど 生活の為
しょうがない。
手よ、目覚めよ!働け、手よ!
私の原動力は「手」だ。じっと手を見る。
まだ 働き足りないのだな。きっと。
[PR]
by paopaoy | 2009-05-12 20:21 | 店のこと | Comments(0)
よぼよぼ とぼとぼ
認知症になってしまった父のことは 何度も書いていた。
読み返してみると 二年前にはもう出ていたのだな。
昨年6月には ポロシャツにネクタイを締め 8月には
帽子と杖を忘れるようになった。
今は 鍵も 声をかけないと忘れる。
言葉も なかなか出てこない。

若い頃は タイガースのジュリーに少し似ていて男前だったのに
今 私の前にいる人は 見る影もなく 普通に年を取るのとは違う
うらぶれた姿だ。
83歳。体は元気なのに 胃腸も丈夫なのに 脳の病気は自分が
わからなくなるのが 怖い。

よぼよぼ とぼとぼ 毎日無表情で 自宅と店の間を行ったり来たり。
200メートルを二往復。
7年前に 広島から帰って来た頃は まだ色んな話ができたのに
ある日「おまえの言うことが わからない。」と言った。
それから 父は だんだん違う人になっていった。
認知症という病気は 人格を奪うのだ、と思う。
哀しいけれど よぼよぼ とぼとぼ 歩いている父の現実を
受け止めるしかない。
[PR]
by paopaoy | 2009-05-09 21:18 | 父のこと | Comments(0)
collection
絵のタイトルを考える時 何故か英単語が浮かんでくる。
英語は苦手なのに・・・
みんな日本語の平仮名と漢字表記なのに 一人アルファベットを
並べるのは いかにもカッコつけてるみたいだな~・・・と思いつつ
ごめんね~ また英語だよ。
私のは 絵とは言えない絵だから 英語表記の方が 表現できるんだ。
 
描き始める前にすることが 算数だし 少し哲学(?)もするし
学校に行ってた時より よっぽど学習しているみたい。
全く絵を描く体制ではないけれど 今のこのスタイルが気にいってる・・かな?
 
だって描けないのよ~。
花とか風景とか きっと描きたくないんだな。
もう好きなもの 描きたいもの 描くしかない。
それで ぐるぐる描いてます。

今回は 6月の黒洋画会展の為に collectionを描いてみた。
私のcollectionの人形たち。
象と 招き猫と 黒い陶人形。
あとは ぐるぐる。ぐるぐるは ぐるぐるだな。ひらがながならんでる。
今日は 頭の中が ぐるぐるしてる。
雨が降ってたから ずっとぐるぐる描いてたの。
[PR]
by paopaoy | 2009-05-05 20:00 | | Comments(0)
ヘムレンさん
芸術新潮2009年5月号は ムーミンの作者「トーヴェ・ヤンソン」の特集だった。
表紙の色が好きなので買ってしまった。浅黄色です。
トーヴェの絵の具箱とパレットの写真を見たら 買わずにはいられなかった。

「ムーミン」は子どもたちが小さい頃 アニメが放映されていたのを 
家事をしながら横目でチラっと見ただけだった。
ミィとかスナフキンとか色んなキャラクターがいたけれど
うちの子どもたちの話題は「ヘムレンさん」だった。
私が聞き違えて「ネムレンさん」と言ったのか、
語呂がいいので「ネムレンさん、ヘムレンさん」と繰り返したのか・・・
子どもが描いた絵を 持っている。
「ネムレンさん ヘムレンさん」という字と 犬のような顔のスカートをはいた
おばさん、ではなく「ヘムレンさん」はおじさんなのだった。
どうして子どもたちは「ヘムレンさん」が好きだったのか・・・
聞いたことがないのでわからない。
けれども この特集号のキャラクターの解説を読んでいたら
何となく理解できた。
昆虫採集が趣味だって!ヘムルは種族名で 他にも切手収集をしたり 
植物採集をしたり 静かなのが好きだったり。
ムーミン谷の物語を じっくり読みたくなってきた。
[PR]
by paopaoy | 2009-05-02 22:26 | | Comments(0)
トップ

つれづれ日記
by paopaoy
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧