カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
スカート
春になると スカートをはいてみたいな、と思う。しかし、 長い間スカートを
はいていないので 妙に恥ずかしい。ズボンをはいていると落ち着くというのは
どういうことだろう。おしゃれをするということも 億劫なことになってしまっている。
知らないうちに 「どうでもいいおばけ」が私の中に入り込んでしまっている。
毎日、そのへんにあるものを とりあえず着ている。あぁ・・・・・

「ふらんすへいきたしとおもへども ふらんすはあまりに遠し・・・」 
 (萩原朔太郎)

「すかーとをはきたしとおもへども すかーとはあまりに眩し・・・」だな。

「おしゃれをしたしとおもへども おしゃれはあまりに難し・・・」かな?

風があまりにも強く吹くので この地ではスカートは無理だと思った。
そのうちに どんどん楽なズボンにはまっていった。
それは 自分を見失っていくのと同じ作用だった。

背筋を伸ばして スカートをはいて 風を切って歩くことができたら。
少しずつ、何かが変わってきて 見える景色も変わってくるのかもしれない。 
[PR]
by paopaoy | 2008-04-30 20:30 | 気持ち | Comments(2)
雨の日に聴く音楽
朝、職場(実家の化粧品店です)に行って レジを開ける時から帰るまで
ずっと CDやテープを聴いている。その時の気分で選んでいるけれど 
雨が降ると いつも同じ曲を聴いていることに気がついた。
 「エンヤ」の「ア・デイ・ウィズアウト・レイン」

連れ合いと一緒に暮らすようになってからのある雨の夜、連れ合いが静かに
エンヤの「ウォーターマーク」を聴いていた。
その時の空気感が静謐で美しかったのが 深く心に刻まれた、のかもしれない。

この曲は 以前どこかで聴いたことがある、と思った。
西岩国の 原田文明氏の個展会場で・・・もう18年も前のこと。
その時から 原田先生のアトリエに通い、再び絵を描くようになった。
古い木造の二階建てのお医者さんの建物が アトリエだった。
その木造建築と エンヤがセットになって 私の記憶の中にあった。

ケルトの響きは いつもストレートに心の中に入ってくる。
晴れた日より 雨の日の方が 心への伝わり方が優しいような気がする。

私は「ア・ディ・ウィズアウト・レイン」しか持っていないから 店ではいつも
このCDを聴いているけれど、やっぱり原点は「ウォーターマーク」だと思い
連れ合いに出してもらって 聴いている。
もう 雨は上がったけれど 夜のエンヤもいいな。
私は ケルトの音楽が好きなのだ。そうなのだ。
[PR]
by paopaoy | 2008-04-24 20:19 | 音・楽 | Comments(0)
藤の花
そろそろ藤の花も見頃かなと思ふ今日この頃・・・
私の「藤の花」は 長唄の三味線のお稽古のこと。

三味線のお稽古を始めて もう三年にもなろうかというのに
まだ 最初に習った「人形」と「しゃぼん玉」、「小雅」(こがらす)の
三曲を 繰り返し、繰り返し弾き続けている。
それでも なかなか上達したとは言えず 冷や汗をかいている。
長唄への道のりは はてしなく遠い。

まだ弾き始めたばかりだけれど 口三味線で音を覚えている。
ある日、実家のトイレに入ったら 水の流れる時の機械の音が
「藤の花」の歌の中の 「鯉めが 鯉めが・・・」だった。
「テン ツン・・テン ツン・・・・・」と聴こえるのだ。
「テン」が 三の糸の開放絃 「ツン」が二の糸の 1。
何度トイレに入っても いつも 「鯉め~が 鯉め~が・・・」
すっかり覚えてしまった。
手の方も 覚えて動くといいのだけれど。

藤の花 藤の花 きれいにさがった 藤の花
  お池にうつった 藤の花 お池じゃ さかさにうつってる
  鯉めが 鯉めが ちょっと出て 輪ができた
  
  藤の花 藤の花 紫提灯 藤の花 
  お庭に咲いてる 藤の花 お庭にゃ やさしい風が吹く
  燕が 燕が 飛んできて見とれてる

  藤の花 藤の花 静かに揺れてる 藤の花
  踊りの上手なお姉さま 踊ってくださる藤娘
  わたしは わたしは 藤を見て思い出す

[PR]
by paopaoy | 2008-04-19 21:53 | 音・楽 | Comments(0)
ささやかなこと
規模が小さくて、目立たない様子。と、新明解さんに書いてあるように
私は「ささやかなこと」が 好きなのだ。
メジャーではなく マイナー。ひっそり、かんとしていると落ち着く。
蛍光灯より 白熱灯。透明の裸電球の光が 好き。
なのに、製造中止。廃止ですと!

エアコンを使わず、夏は限りなく暑く、冬は家の中を木枯しが吹き渡り
電気代を 夏には3000円余、冬にはその倍位は使ったけれど、こんなに
つましく暮らしているのだもの。
白熱灯の暖かい光、ささやかな贅沢をすること、許してほしい。
蛍光灯の光の下では 心が寒くなってしまうのだ。
[PR]
by paopaoy | 2008-04-11 22:11 | 気持ち | Comments(0)
トップ

つれづれ日記
by paopaoy
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧