カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
<   2007年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
贅沢な趣味
今、6月の展覧会に出展する為の作品作りを始めている。
私の場合、素直に「絵を描く」と言えない事情がある。
私が所属している会は 殆どが油絵の洋画の会である。
しかし、私が使う画材はアクリルで 色は三原色の赤と黄色と青。
これに白と黒を混ぜて使う。
作品を創る時は まず構想で、最近は ダンボールを使うことが多い。
これがなかなか面白い素材で 色んな遊びが出来るのだ。
けれども 一般的には理解を得ることは難しい。
私は必要に迫られて使っているのだから 解ってもらえなくてもいいのだ。
 「絵を描く」ということはお金が掛かることだな~としみじみ思う。
ただ描くだけならいいのだ。展覧会に出す為には 額縁が必要だ。
これが余分な出費になってしまう。
30年前、展覧会に出すなど夢にも思わず、ただ描くのが楽しくて
絵画教室に通っていた頃、近所の奥様に「贅沢な趣味ですこと!」と
言われたことがある。
その時は解らなかったけど 今は確かに身の丈に合わない趣味かも
しれないと思う。
それでも 描きたい、作りたいという気持ちが強くなった時は、お金が掛からない
方法を考えた。キャンバスを 発泡スチロールのパネルに替え 障子紙を貼り
油絵具をアクリルやクレパスに替え 額縁を自分でダンボールを重ねて貼って
作り、それを苦でなく楽しみにして 描いたり 作ったりしてきた。
貧乏してても アートしたい!
とてつもなく 贅沢な趣味なのである。
[PR]
by paopaoy | 2007-04-29 22:27 | | Comments(0)
説明不足
私は コミュニケーションが苦手だ。へたくそだと思う。
いつも思っているようには伝えられない。
心の中では とても雄弁で 自分とはいっぱいおしゃべりしているのに
目の前にいる人には 思うように言葉が出てこない。

文章を書いても うまく説明ができなくて 思ったことしか書けない。
無意識に 省略しようとしている。
言葉も 文章も ぶっきらぼうで 味気ないのかもしれない。

電話も苦手で長話はあまりできない。
用件を言ったら さっさと切ってしまう。
かかってきた電話の話は 友だちならば 長くても聞く。

説明不足ということは 誤解されやすいということだ。
自分を語らなければ 誰も私のことを知らない。

表現は したいと思う。だから 絵を描いたり 何か作ったりする。
赤く塗ったり 切ったり 貼ったり 好きなように作る。
私のことが解らない人は ますます解らなくなると思う。

連れ合いとは よくしゃべる。
いつも 語り合っている。
言葉が出ないのではなく 人見知りしてるだけかな?
相手が見えないパソコンの前では 充分おしゃべりだ。
[PR]
by paopaoy | 2007-04-26 08:03 | 気持ち | Comments(0)
葛藤
読んで字の如く 絡み合ったカズラやフジのことで
二つの相反するものが、譲ることなく対立すること。

電車に乗ると 海側ではなく 山側の席に座り 窓越しに
木を見るのが好きだ。
そんなにたびたび乗る訳ではないけれど 春夏秋冬
それぞれの季節を楽しみにしている。
山の中に一本だけ立っている桐の木の紫の花が天に
向かって咲いていた。
そして同じ紫色の山藤の花は 次々に現れた。
絡みつき 垂れ下がり 存在を主張しているように見えた。
美しい けれども怖いと思った。
しばらく走ると 電車は街の中に入り、庭の藤棚が目に入った。
自由気ままに伸びている山藤を見て 藤棚の藤を見たら
強制されて きちんと並ばされたおりこうな子ども達のように
見えた。
それはそれで 統制がとれて美しいとも言うのだろうけど
山藤の妖しい美しさを知ってしまったら、怖い けれども 
美しい、と思う。
これは 葛藤だ。
カズラもフジも 他の木に巻きついて 絡み付き 締め付けて
生きている。山を見ると、人間世界と同じように 生存競争だと
思う。

私は それでも一本だけ真っ直ぐ立って天に向かって咲いている
桐の木が 好きだ。
[PR]
by paopaoy | 2007-04-24 20:38 | 草木 | Comments(0)
行きたいところ
一昨日、大阪から鞄の問屋さんが来て 海外旅行用のキャリーバッグを
仕入れていたら、突然「海外旅行をするなら何処にいきたいですか?」と
聞かれて、ふと口から出たのは「モンゴル」だった。

モンゴル、チベット、ブータン
お経を唱えるように 毎日つぶやいていたら 行けるようにならないかな。

アフリカ、アイルランド、アンデス
サハラ砂漠、マサイマラ、ケルト、マチュピチュ、マダガスカル

私にとって、原風景とは 何もないところ。
海と空のほかには 何もない・・・・・
あるいは、 砂漠、草原、だだっ広いところ。
あとは、風が吹いているだけ。
たった一人で 立っている。それだけの風景。

これは4年前、初めてパソコンを触って 打ち出した言葉。
今でも やっぱり大きな建物や、大勢の人がいないところ
何もないところで 沈む夕日を黙って見ていたいと思う。
ただ そばにもう一人いてくれるといい・・・
[PR]
by paopaoy | 2007-04-21 07:13 | 気持ち | Comments(1)
蒙古の塩
海と大地の恵み、太古の地球の贈り物です。という言葉にひかれて
氷砂糖のような塊の岩塩を 口に含んでみた。 
塩辛いというイメージがあり、恐る恐る舐めた。
確かに塩辛い。けれどもそれは 遠い記憶の海の味、子供の頃
橋杭の海で泳いでいて 飲み込んだ海の潮と同じだと思った。
何よりも 後味の良さに驚いた。塩なのに ほんのり甘い・・・

それから 私は「天然の塩」と書いてあると 「こっちの水は甘いぞ!」と
誘われる蛍か、砂糖に群がる蟻のように、塩の虫になってしまった。

モンゴルの岩塩、ヒマラヤ岩塩、アンデスの紅塩、地中海の天日塩、
オーストラリア(ダンビア)の海塩。
日本の塩は お馴染みの赤穂の塩、沖縄の雪塩、能登の塩、それから
日本海のあらめを使った藻塩。
とうとうコレクターになってしまった次第。

血圧が高いので いつも舐めるということはなく、勿論料理に使うけれど
これはもう浪漫だということで、 モンゴルの大地に立ち 風を感じたり、
ある日はヒマラヤに登り、アンデスを夢見たりしている。
どこにも行ったことがないから、塩に浪漫を感じている。
その出発が 蒙古の塩だった。
[PR]
by paopaoy | 2007-04-17 20:18 | 食べ物 | Comments(0)
自然治癒力
人間が本来持っている「病気や怪我を自然に治す力」を
私は 信じていました。
二ヶ月前、転んで右膝と左腕を痛めました。
膝の瘡蓋は、すっかり剥がれてしまったのに 左腕は
二ヶ月経っても まだ痛いのです。
転んでからしばらくは 腕が上がりませんでした。
それでも私は 病院には行きませんでした。
痛いけれど 転んだくらいで 骨が折れていないし
血も流れていないから 行かなくていいと思ったし
寒い時だったから 服をぬぐのが嫌だったのです。
もう少し若い時なら 一週間もすれば良くなるはずでした。
いくらなんでも一ヶ月経てば・・・と思いました。
寄る年波には「月日は薬」にはなりませんでした。

二ヶ月間のこの痛み、待つのが嫌だから病院に行きたくない、
たいしたことないからいい、と放っておいた私に対する 体の
反乱かもしれません。
「もう若くはないんだぞ!そんなに簡単に治ってたまるか!
もっと大切に扱え!」と老体は叫んでいるのでしょう。

ごめんね。それでも病院に行きたくない私は なんて頑固なの。
これも精神的老化でしょうね。
ああ、ひたすら我慢するしか能のない私の 心と体が
毎日、鬩ぎあっています。

 
[PR]
by paopaoy | 2007-04-11 06:26 | 気持ち | Comments(0)
駱駝の貯金箱
皮細工の ヒトコブラクダの貯金箱の形と模様が 気に入ったので買った。
さて 何を入れようか?貯金箱なのだから 勿論お金、なんだろうけど
私は 財布の中に500円玉が入っていたら 駱駝の背中に チャリ~ンと
入れることにした。ない日もあれば、三枚も入っている日もある。
結構貯まるもので、ある日ふと思って持ち上げたら ずっしりと重いのだった。
「むふふ・・・」と怪しく 嬉しかった。

けれども 気がつけば、貯金通帳の残高は減り続け 何のことはない。
自分のお金が 右から左へ動いただけだった。
それでも いいのだ。へそくる気分は なかなかいい。
駱駝を見るたび、「むふふ・・・」と笑い、通帳を見るたび 肩を落とす。
それも 人生。

駱駝の背中に乗って、砂漠をゆっくりと旅をする・・・
夢でも見ることにしよう。
[PR]
by paopaoy | 2007-04-09 08:01 | 生活 | Comments(0)
やむにやまれぬ思い
いつも描いているわけではなく、年に二回発表の場があるというだけの
ど素人で 決してプロの絵描きではないのだから、いいかげんに描き
始めればいいのに、描く時間より構想の時間の方が はるかに長い。
そうして 「やむにやまれぬ思い」を凝縮させなければ 描けない。
たいしたものが出来るはずもないのに いつもこうして自分を追い詰めて
ぎりぎりのところで 爆発させている。
自己満足でいいんだ。
出来上がったものは おまけみたいなもので 私が楽しんでいるのは
その過程だから、構想から始まって、創り上げていくことが 私の作品
だと思っている。
出来上がったものを並べて、ああでもない、こうでもないと言っているより
「あなたも 創ってみませんか?(描いてみませんか?)」と伝えたい。
伝わらないのは 私がまだ未熟だからだと思う。
目の前にある景色や花が うまく描けないから、絵が描けないと思っている人に
何を描いたっていいんだよ、自分が描きたいものを描けばいい。
上手だとか、下手だとか、そんなこと関係ない。
人の目や、言葉なんか気にするな。思い切って描けばいい。
あぁ~、これは全て、自分を励ます言葉だった。
やむにやまれず、描きたい!という気持ちがあれば 描けるのだ。
それが、難しい。
[PR]
by paopaoy | 2007-04-05 06:42 | | Comments(1)
音の響きの不思議な力
これはもう 体験するに限ります。
昨夕、6:30~7:30の一時間。古座川一枚岩で 松尾泰伸さんの
シンセサイザーコンサートがありました。
河原で篝火を焚いて、寝そべったり座ったり、それぞれが 好きな
ところで聴きました。
生憎の天気でしたが 何故か演奏中は一粒の雨も降りませんでした。
高さ100m、幅500mの一枚岩が音響板になるのでしょうか。
素晴らしい音でした。寝そべって全身で体中に響く音を感じました。
音は 自由に流れたり、ドンドンドンと大地に突き刺さるように響いたり
飛んだり跳ねたり 歌ったり自由自在でした。
何よりも驚いたのは 川のせせらぎ、風、雲の流れ、気流、あらゆるものが
シンセサイザーの音に 反応しているようでした。
そして 私の大好きなカジカガエルが シンセサイザーの音に負けじと鳴いて
いました。私たちのすぐそばの小さな石の上にも 小さなカジカが一匹、大きな
声で「フィフィフィフィフィフィ」と鳴くのでした。
今まで 建物の中でばかり音楽を聴いていましたが こうして野外で 大自然の
中で 音を聴くということは ダイナミックで まるで宇宙と一体になるかのような
不思議な体験でした。
松尾さんの音が素晴らしかったのです。音の力を感じました。
一枚岩の底力もすごいです。古座川も漣を立てて感応していました。
贅沢なひとときでした。
[PR]
by paopaoy | 2007-04-01 20:57 | 音・楽 | Comments(0)
トップ

つれづれ日記
by paopaoy
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧