カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
<   2006年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧
一年
色んなことがあったはずなのに あっという間のことだったと
思えてしまう 一年。
毎年、この時期になると 谷間に取り残されたような気分になる。
周りは既に 新しい年に向かって準備を始め 忙しそうに動いて
いる。
いつからだろう?世間というものさしと 自分の歩幅が合わなくなって
しまったのは。
今さら 気にすることはない。
一年が終わり、また新しい一年が始まる。
ゆっくりと 歩いて行こう。

一年間 お疲れ様でした。
また来年も よろしくお願いします。
[PR]
by paopaoy | 2006-12-30 06:17 | 気持ち | Comments(0)
戦争は知らない
寺山修司  作詞
加藤ヒロシ 作曲

  野に咲く花の名前は知らない
  だけども野に咲く花が好き
  帽子にいっぱい摘みゆけば
  なぜか涙が涙がでるの
 
  戦争の日を何も知らない
  だけど私に父はいない
  父を想えばああ荒野に
  赤い夕陽が夕陽が沈む

  いくさで死んだ悲しい父さん
  私はあなたの娘です
  二十年後の故郷で
  明日お嫁にお嫁に行くの
 
  見ていて下さいはるかな父さん
  いわし雲とぶ空の下
  いくさ知らずに二十才になっって
  嫁いで母に母になるの

フォーククルセダーズが歌っていたのです。
作詞は 私の好きな寺山修司だったのに、
すっかり忘れていました。
戦争があったということは 忘れてはいけないのです。
戦争を知らない子どもたちは あの頃 集まっては
みんなで歌っていました。

「花はどこへ行った」という歌もありました。
where have all the frowers gone?
で始まるその歌は
oh, when will you ever learn?
いつになったら わかるのだろう と繰り返します。

本当に いつになったら 「平和」という言葉が
真実になるのでしょうね。
[PR]
by paopaoy | 2006-12-28 06:20 | 詩歌 | Comments(0)
この歌の名前は知らない
野に咲く花の 名前は知らない
だけども 野に咲く花が好き
帽子にいっぱい つみゆけば
何故か 涙が 涙がでるの

昨日 トイレの中で 突然思い出して歌ってしまいましたが
題名も 歌っていた人も 何も思い出せません。
いつもなら ブログを書く前に 調べるのですが 今朝は
わからないまま書いています。
どなたか ご存知の方は お知らせください。

私は 野に咲く花が 好きです。
好きな花の名前なら わかると思います。
タデ科の花の中でも ミゾソバの花が 好き!
蕎麦の花は白いけど ミゾソバの花はピンクです。

突然思い出した歌は 私が高校生の頃聴いた反戦歌
だったような気がします。
あの頃に聴いたり 歌ったりした歌は 私の中のどこかに
潜んでいて ふいに現れたりしますが 哀しいかな・・
記憶力が・・・ 曖昧です。
[PR]
by paopaoy | 2006-12-27 06:12 | 好きなもの | Comments(0)
憧れの人
詩人の 茨木のり子さん。

ひとつひとつの言葉が 心に染み入ってくる。
大切に 大切に 読む。
心に 真っ直ぐに 語りかけてくださる言葉に
耳を傾ける。
時に 声に出して 読む。

茨木さんの詩が 心の中にあると 道に迷わず
歩いていけそうな気がする。

私の 道しるべ。

最近 知ったことがある。
茨木さんは 6Bの鉛筆を使っていらっしゃった。
私の 4Bの鉛筆より もっとやわらかい。

今年の二月に亡くなられたけれど 茨木さんの詩は
ずっとずっと 生きている。
[PR]
by paopaoy | 2006-12-25 06:47 | 気持ち | Comments(0)
ピリオド .
私の「いろは歌」は これで おしまい。
タイトルを 先に決めてから 書くのは
結構大変だった。頭の言葉が同じの
沢山の言葉の中から 自分に合う言葉を
探すこと。
昨日から 頭が冬眠してしまったし、これ以上
何も 出てきそうにないし、一応 このシリーズは
終わりです。

「ピリオド」は 終止符だと、中学の英語の授業で
習ったけど、久しぶりに 英和辞典を開いてみたら
期間、時期、時代、周期や 学校の授業時間のこと
まで period と言うなんて 恥ずかしながら 今まで
知らなかった。
なんて 幅の広い言葉なの!ずーっと 一部分しか
知らなかった人が 見方を変えたら、とても懐の深い人
だった ような。
こういう発見があるから 無知な自分でも また一歩
進化できるのね。
まだまだ 歩き続けます。
これで 終わる訳じゃない。

プアな私は 知的わらしべ長者になるんだ。
お金ではなく、お金では買えないものを 拾うこと。

ピリオドが 瓢箪から駒に なりますように!
[PR]
by paopaoy | 2006-12-24 08:43 | 言葉 | Comments(0)
プリミティブ
英語でいうと、なんとなく可愛らしく聞こえてしまうけれど
「原始的」ということで、これが 私の原点。

さて 何を勉強して 深く掘り進んでいくのか、考えてみても
一つのものが見つからない。

私の頭は 未開のままである。
昨日から ずっと頭を抱えている。

考えるよりも 見る 聴く 匂う 味わう 触る の「五感」で
生きている 原始人なのだ。

思考が ストップしてしまったので 冬眠したいと思う。
そういえば 熊の名前は プー。くまのプーさん。
プーは とてもプリミティブだ。

訳がわからなくなってきた。
仕事に行かなければいけないけど 精神的には こっそり
冬眠していよう。 
[PR]
by paopaoy | 2006-12-23 06:39 | 言葉 | Comments(0)
勉強すること
子どもの頃から 勉強と言うと、なんとなく敬遠していたけど
年をとると 勉強したくなるような気がする。何故だろう?
きっと 何も知らない自分に 気が付くからだ。
ああ、もっと勉強しておけばよかった!と思っても 後の祭り。
けれども 年をとると 自分が 知りたいこと、学びたいことが
若い時よりも はっきりとわかるのかもしれない。
もしも 若い時に そのことに気が付いていたら、スペシャリストに
なれたかもしれないのにね!

昨日、白洲正子さんの言葉が 心に飛び込んできた。

「何でもいい。一つこれはと決めたら、井戸を掘るように
とことん掘りなさい。そうすると、必ず地下水脈にぶつかる。
地下水脈は四方八方に走っているから、一つのことしか
やっていなくても、突然、いろんなことがわかるようになる。」

もう50を過ぎてしまったけれど、今からでも遅くないよね。
私も 掘ろう。まだまだ知りたいことが いっぱいある。
何だか楽しくなってきた。
[PR]
by paopaoy | 2006-12-21 06:31 | 言葉 | Comments(0)
ぼっか
漢字に変換できなかったので ひらがなのまま。
新明解さんにも載ってないし、これはワンゲル
用語なのだろうか?

「ぼっか」とは、重い荷物を背負って 上がったり
下りたりすること。
私たちは 学校の三階建ての校舎の階段を
本をいっぱい詰め込んだキスリングを背負って
毎日 何往復も 上がったり下りたりしていた。

昼休みには 近くの鴨川の河原まで走って
柔軟体操をしたり 腹筋をしたり 身体を
鍛えていた。

今思えば 花も恥らう年頃の娘たちだったのだ。
ひたすら 打ち込んでいたのは、ワンダーフォーゲル。
おしゃれをすることもなく 休みになれば 山に向かった。

一番きつかったのは 30kgの荷物を背負って、雨の中
比良山を歩いた時。流石に 何が楽しくてこんなことしてる
のかと思ったけど、若かったから 回復も早い。

今はもう歩けない。階段を少し上っただけで 息切れがして
ひざが笑っている。

ぼっかをしてたんだ・・と思うだけで そのころの私たちに
拍手をしてあげたい気分。
黙々と ひたすら歩いて 汗を流していた 七人の仲間たち。
[PR]
by paopaoy | 2006-12-19 20:06 | 成安時代 | Comments(0)
バラ色の雲
突然 思い出した歌は 私が中学生だった時
流行っていたグループサウンズの ヴィレッジ・
シンガーズが 歌っていた。

バラ色の雲と 思い出を抱いて
ぼくは行きたい 君のふるさとへ

間は すっかり忘れてしまって

バラ色の雲と 思い出を抱いて
逢いに行きたい 海辺の町へ

このフレーズだけを くりかえし くりかえし
歌いながら ループ橋を渡る とは
はまりすぎ・・・な 感じ かな?

バラ色の雲の中に 不思議な 白い雲を見た。
ぐるっと 輪を描いて その先が 白蛇の頭に
なっていた。
こんな雲は 今まで見たことがない。
急いで 家に帰って 写真を撮ろうと思った。
走ったけれど デジカメにはうまく写らなかった。
でも 連れ合いも 一緒に見たからいい。
何かいいことあるのかな。
今年は 大変なことばかりあったから
来年は 静かに過ごせるといいな。
心穏やかに 楽しく暮らせたら それでいい。

中学生の時には 気がつかなかったけど
歌詞そのままの ふるさとの 海辺の町に
住んでいるんだな。
[PR]
by paopaoy | 2006-12-18 21:02 | 音・楽 | Comments(0)
ずっと ずーっと ね!
遙か 彼方 遠く
悠久に 長い 時間
「ずっと」 に こめられた想いに
希望を 感じる。

ずっと 遠くまで 一緒に歩こう。
ずっと いつまでも 一緒にいたい。

距離も 時間も
遙かに遠い 水平線の ソノムコウ。
空を見上げて 宇宙の 彼方まで。

螺旋状に過ぎていく 時間の中で
小さな私たちは いつか消えてしまうけれど

ずっと ずーっと ね!
その想いを抱えて 生きていくんだ。
一緒に 生きていくんだ。
[PR]
by paopaoy | 2006-12-17 08:48 | 気持ち | Comments(0)
トップ

つれづれ日記
by paopaoy
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧