カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
<   2006年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧
ブータンの青い芥子 
ブルーポピーの青い花びらは
ブータンの ゾンカ文字と共に
私の目に 飛び込んできた。
美しい音楽を奏でているような
文字だと思った。
遠い国に咲く 青い芥子の花を
見たいと思った。

南アジア、ヒマラヤ山脈東部に
位置する王国。
仏教の一派ラマ教信仰の国。
中国のチベット自治区とインドと
国境を接している。

他には 何も知らない。
行ったこともない。
遙かな国。

美しい文字と 青い花が咲く 国。 
[PR]
by paopaoy | 2006-11-30 06:28 | 草木 | Comments(0)
現実
現在当面していて、それを無視することが
出来ない事柄。
この痛いほど厳しい状況を作っているのは
全て 自分の意気地なさ だ。
母との関係、もつれた糸を解きほぐすことを
せず 対峙することから逃げ続け この現実。
 
私も優しくできないのだから 優しさなど決して
求めてはいけないのだ と 言い聞かせても
心の いちばんやわらかいところに 穴が
空いている。
やっかいな 心 だ。

強くなるのだ。はねかえせ!

あの人の前で ちいさな子どもにもどって
固まってしまわないで 気を漲らせて
自分自身をしっかりと摑んで立っていたい。

それでなければ 私は流されてしまう。
現実 を 実現 しなければ。
[PR]
by paopaoy | 2006-11-29 06:38 | 気持ち | Comments(0)
ぐうの音も出ない
一言の弁解も出来ないことが 沢山ある。
ぐうの音は まだ聴いたことがない。
きっと はらわたを ぎゅうーっとつかんで
締め上げるような音なのだろう。
音にもならない 音。
言葉にならない 言葉。
伝わらない 心。
血のつながりという 神話。

愚の骨頂は 私の頭の上にある。
この上なく ばかなこと。
押し戴いた 私の冠。

愚者であることに 誇りを持って
生きていこう。
[PR]
by paopaoy | 2006-11-28 19:05 | 気持ち | Comments(0)
づ尽くし
「ぢ」に引き続き 「づ」もまた 地味な字である。
頭の上にある字を支える 縁の下の力持ち。
手元にある 新明解さんに尋ねてみたところ
七つの言葉を示してくれた。

1 づく(・・の傾向が生じる、色気づく、調子づく、おじけづく)
2 づくし(同類に属した物をなるべく多く列挙したもの)
3 づくり(それを材料として作ってあること)
4 づけ(付けること、糊付け、さん付け、四月一日付け)
5 づけ(つけること、つけたもの、一夜漬け、茶漬け、味噌漬け)
6 づたい(伝っていくこと、海岸伝い、線路伝い)
7 づめ(詰めて中に入れること(物)、そればかりを押し付けること
      同じ状態の続くこと、その場所に勤めて仕事をすること)

まあ!なんて良く働く字なの。褒めてあげよう。
「つ」に続く「づ」もあるけれど、やっぱり 人の影に隠れて
黙々と 文句も言わず、自分の仕事をこなしている職人さん
のような「づ」の字が 愛しいと思う。 
[PR]
by paopaoy | 2006-11-27 06:33 | 言葉 | Comments(0)
ぞうさん
まどみちおさんの詩の中に もうひとつの
「ぞうさん」がある。

 遊びましょって ぞうさんが 
 わたしのうちに 来たらいい
 ね、そうでしょう、おかあさん

おかあさんは きっと 優しい目をして
「そうね。来たらいいわねぇ。」と 云ってくれる
と 私は信じたかった。
現実は 厳しく、私はいつも谷底に突き落とされて
天を仰ぐ。それでも 幻の母恋は収まらず 私は
懲りない娘だ。

物心ついた頃から 「変わった子」だと云われて
育った。四人姉妹の次女だもの。一人くらい 他の
子と違う子がいたって おかしくないと思うけど。
とまどう母の反応は まず否定。認めてもらえることは
ほとんどなかった。
母の歩いた道から はずれてばかりいる娘は
世間様に対して 恥ずかしい娘なのだ。

私も おかあさんになったから 少しは強くなれたかな?
「これが 私だ!」と 叫びたい。
現実は 未だ 母には 何も言えない ダメな私。
去勢されてしまっている。

私は ただ、出かける時に 仏頂面をしないで
笑顔で 「いってらしゃい」といってほしいだけ
なのだ。他には 何も望んでいない。
51歳になっても こんなこと思っているなんて
全く もう どうしようもない娘だ。
[PR]
by paopaoy | 2006-11-26 07:05 | 気持ち | Comments(0)
ダンボール が 好き!
一般的には 使い終われば ゴミとして
捨てられてしまうものが 私にとっては
大切なものが多い。困ったものである。

包装紙、紙袋、ひも、リボン、箱、そして
ダンボール。取っておけば 確実にゴミに
なってしまうけれど。
何かを作りたいと いつも思う。
何も作れないまま 月日が過ぎるばかり。

ダンボールは 色んな遊びが出来る
面白い素材なのだ。
子どもたちが小学生の時 ダンボール箱を
いくつもつなぎ合わせて 部屋いっぱいに
城を作って遊んでいた。
私も 箱を三つ繋げて 三段boxを作ったり
テーブルを作ったりした。
張り合わせると 結構強くなるのだと思う。
額縁も作った。
ただ ダンボールは なかなか認知されない。
いつまでたっても ゴミ扱いなのが 悔しい。

究極は ダンボールハウスだと思っている。
山姥の住まいは 青いシートと ダンボール。
色んなものを捨てることができたら・・・の
話である。
[PR]
by paopaoy | 2006-11-25 07:22 | 好きなもの | Comments(0)
がじゅまる
三年前、直径12cmの鉢植えの がじゅまるを買った。
気根の形が面白くて 白い鉢が可愛いというだけで 
ずっと そのまま お世話もせずに 置いていた。
一年間 その鉢植えのがじゅまるは 大きくならなかった。
その次の年、引っ越した所は 風当たりの強い山の上だった。
ここで 鉢から 土の中に植え替えた。
がじゅまるは 少し大きくなった。

沖縄のがじゅまるは 写真でしか見たことがないけれど
大きな木だと 思っていたので 鉢植えのがじゅまるは
まるでミニチュアのような気がしていた。

一年二ヶ月の間,土の中で 少しずつ大きくなって
高さが 二倍の30cmになったところで また引越し。
大島の家の 小さな庭に植えたのが、今年の四月。
七ヶ月経った今、高さ85cmになり青々と茂っている。
大島が 気に入ったのかな。亜熱帯の島だから
今までの環境より 楽になったのだろうと思う。
ごめんね。一年間も 同じ鉢の中で過ごさせたり
大風の吹く所に連れて行ったりして。

このまま大きくなっていくと もしかしたら大木に
なるかな、なんて思ったりもして 来年五月には
樫野の 連れ合いの実家の庭に 植え替えようと
思っている。
鉢植えの小さな木が まさか こんなに大きく
育つとは 思ってもいなかった。

ほとんどほったらかしではあるけれど がじゅまるの
成長を楽しみに 見守っていよう。
[PR]
by paopaoy | 2006-11-24 08:05 | 草木 | Comments(0)
ぢ という 字
私の祖父が いつも 手紙の最後に
「おぢいちゃんより」 と書いていたので
ぢ という字に 懐かしさを感じるのですが
ぢは 痔を表現する字 らしいですね。

いろはの言葉は 完結したのですが
書きそびれた濁音などの言葉を
続けて書いています。
その時 思いついた言葉が きっかけとなり
色んなことを 思い出したり 考えたりして
ぼけかけていた頭が 少しずつ活性化して
いるような 気もします。

キーボードから打ち出される言葉を 闇の中に
投げ込んでいるみたいな作業ですが 確実に
言葉は残っていきます。

ぢ という字も おぢいちゃんの思い出と共に
残しておこうと 思います。
[PR]
by paopaoy | 2006-11-22 06:25 | 言葉 | Comments(0)
ドンドンヒャララ ドンヒャララ
童謡と 唱歌は どう違うのか考えていました。
学校で 教えられるのが 唱歌。
子どものために 新しく作られた歌が 童謡。
どちらでも いいのです。その歌が好きならば。

私は 「村祭り」の歌が 好きです。
 村の鎮守の神様の 今日はめでたいお祭り日
 ドンドンヒャララ ドンヒャララ
 ドンドンヒャララ ドンヒャララ 
 朝から聞こえる 笛太鼓
 
子どもの頃から この歌を聴くと 気持ちが
沸き立つようでした。
同様に 「村の鍛冶屋」も 「しばしも休まず・・・」と
いう歌詞も メロディも 子ども心に勢いのある歌
だと思ったものです。

冬景色や 冬の夜、里の秋など 静かな歌も
好きでした。
都会ではなく いつも田舎で暮らしているので
歌の風景は 決して 昔のものではないのです。

ドンドンヒャララも 鍛冶屋さんも ずっと伝えて
いきたいものだと思っています。
先日は ゴスペルを歌いたいと 書きましたが
今は 「ドンドンヒャララ合唱団」で 歌おうと
思います。
団員は 私 独りです。ソロ ですか?
[PR]
by paopaoy | 2006-11-21 19:11 | 音・楽 | Comments(3)
ペーパームーン
papermoon
その年の お月見は 雨だった。
いつものように エレクトーンの椅子に
すすきを飾り、いもや おだんごを置いて
お月さまが出るのを 待っていた三人兄弟は
がっかりしていた。
突然 母は 何か作り始めた。
画用紙に 大きな丸を描いて 黄色く塗った。
「お月様!」
子どもたちは 喜んで お月見を始めた。

おだんごを作るのが 好きだった。
みんなで 丸や 三角、中には四角いのもある
おだんごを いっぱい作った。

毎年 お月見は 楽しみにしている行事だった。
何故か 天気が良くて 綺麗にみえたお月見
ではなく へたくそな丸い紙のお月さまのことを
思い出す。

子どもたちが 大きくなってから テレビで
「だんご三兄弟」の歌を聴いた。
あれは うちの 「だんご(作り)三兄弟」の歌だ!
と思った。

そういえば ジャズにもあった。papermoonの歌。
突然 思い出した 紙のお月さまの 話。
[PR]
by paopaoy | 2006-11-20 06:50 | 子どものころ | Comments(0)
トップ

つれづれ日記
by paopaoy
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧