カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
カテゴリ:草木( 8 )
希望口の桜
もう既に桜の季節は終わっているが 葉桜になって初めて気が付いたのだ。希望口のバス停も見事に咲いていた桜の木も無くなっていることに。
バス停は熊野交通から町のコミュニティバスに代わってからは少し手前の進行方向の左側になっていた。(これは紀伊大島のお話です)
いつも樫野に行く為、素通りしていたのでほとんど気に留める事もなかった。

最近 町内を車に乗って走っていると 枝をばっさりと切られた木をよく見かけるようになった。枝が張って道の上に掛かってくると「問答無用」とばかりに切られてしまうようだ。枝ぶりなどお構いなしに。私には「無残やな」としか思えないけれど。
そして希望口の桜も切られてしまった。

山の木の名前がわかるといいなと思い 京大紀伊大島実験所の梅本信也先生が書かれた「紀伊大島フィールド・ガイド」や「紀伊大島里域句集」を引っ張り出してきて思い出したのだ。2005年発行の句集の中に「桜散る 桜散るなり 希望口」という句があった。注釈に「紀伊大島中央部にある希望口バス停付近のオオシマザクラの散り様は大変に素晴らしい。」と書いてある。そうだったのだ。見事な桜は はらはらとはらはらと見事に散っていったのだ。もう見る事は出来ない。

歩かねば・・・と思った。木を知る為には車で走っているばかりでは見落としてしまうものが沢山ある。歩いて木に会いに行こう。木に名前を教えてもらおう。

[PR]
by paopaoy | 2017-05-09 16:42 | 草木 | Comments(3)
ねむの花 咲く
ずっとずっと 待っていた。
いつもなら とっくに咲いてるはずなのに。
今日 やっと 紅い花を見た。
昨日までは 影も形も見えてなかった。
いつのまに ひらいたの?

島のねむの木は 大島に一本。須江に六本。
樫野では まだ出合っていない。
今日見たのは 須江の二本。
明日は 大島のねむに逢いに行こう。

どんなに心がこわばっていても ねむの花を見ると
ふわ~とやわらかくなるような気がする。
ねむくなる。
夏眠します。

おやすみ。
[PR]
by paopaoy | 2010-07-01 20:53 | 草木 | Comments(2)
葛藤
読んで字の如く 絡み合ったカズラやフジのことで
二つの相反するものが、譲ることなく対立すること。

電車に乗ると 海側ではなく 山側の席に座り 窓越しに
木を見るのが好きだ。
そんなにたびたび乗る訳ではないけれど 春夏秋冬
それぞれの季節を楽しみにしている。
山の中に一本だけ立っている桐の木の紫の花が天に
向かって咲いていた。
そして同じ紫色の山藤の花は 次々に現れた。
絡みつき 垂れ下がり 存在を主張しているように見えた。
美しい けれども怖いと思った。
しばらく走ると 電車は街の中に入り、庭の藤棚が目に入った。
自由気ままに伸びている山藤を見て 藤棚の藤を見たら
強制されて きちんと並ばされたおりこうな子ども達のように
見えた。
それはそれで 統制がとれて美しいとも言うのだろうけど
山藤の妖しい美しさを知ってしまったら、怖い けれども 
美しい、と思う。
これは 葛藤だ。
カズラもフジも 他の木に巻きついて 絡み付き 締め付けて
生きている。山を見ると、人間世界と同じように 生存競争だと
思う。

私は それでも一本だけ真っ直ぐ立って天に向かって咲いている
桐の木が 好きだ。
[PR]
by paopaoy | 2007-04-24 20:38 | 草木 | Comments(0)
ブータンの青い芥子 
ブルーポピーの青い花びらは
ブータンの ゾンカ文字と共に
私の目に 飛び込んできた。
美しい音楽を奏でているような
文字だと思った。
遠い国に咲く 青い芥子の花を
見たいと思った。

南アジア、ヒマラヤ山脈東部に
位置する王国。
仏教の一派ラマ教信仰の国。
中国のチベット自治区とインドと
国境を接している。

他には 何も知らない。
行ったこともない。
遙かな国。

美しい文字と 青い花が咲く 国。 
[PR]
by paopaoy | 2006-11-30 06:28 | 草木 | Comments(0)
がじゅまる
三年前、直径12cmの鉢植えの がじゅまるを買った。
気根の形が面白くて 白い鉢が可愛いというだけで 
ずっと そのまま お世話もせずに 置いていた。
一年間 その鉢植えのがじゅまるは 大きくならなかった。
その次の年、引っ越した所は 風当たりの強い山の上だった。
ここで 鉢から 土の中に植え替えた。
がじゅまるは 少し大きくなった。

沖縄のがじゅまるは 写真でしか見たことがないけれど
大きな木だと 思っていたので 鉢植えのがじゅまるは
まるでミニチュアのような気がしていた。

一年二ヶ月の間,土の中で 少しずつ大きくなって
高さが 二倍の30cmになったところで また引越し。
大島の家の 小さな庭に植えたのが、今年の四月。
七ヶ月経った今、高さ85cmになり青々と茂っている。
大島が 気に入ったのかな。亜熱帯の島だから
今までの環境より 楽になったのだろうと思う。
ごめんね。一年間も 同じ鉢の中で過ごさせたり
大風の吹く所に連れて行ったりして。

このまま大きくなっていくと もしかしたら大木に
なるかな、なんて思ったりもして 来年五月には
樫野の 連れ合いの実家の庭に 植え替えようと
思っている。
鉢植えの小さな木が まさか こんなに大きく
育つとは 思ってもいなかった。

ほとんどほったらかしではあるけれど がじゅまるの
成長を楽しみに 見守っていよう。
[PR]
by paopaoy | 2006-11-24 08:05 | 草木 | Comments(0)
メタセコイア
円錐形の 大きな木。
紅葉して 落葉する。

メタセコイアに 逢いたい
と 思う。

常緑樹が多い この地では
紅葉の美しい 落葉樹には
なかなか 出会えない。

メタセコイアの 和名は
アケボノスギ だけど
春の芽吹き、新緑、夏の深緑
秋の紅葉、冬の裸樹、雪花
と 姿を変える。

あちこちに 植えられているらしいけど
山の中で 思いがけなく 出会いたい。

一本の 木に逢うために 
旅に 出たい。
[PR]
by paopaoy | 2006-11-07 07:07 | 草木 | Comments(0)
ねむのき
合歓木と書くよりも、ひらがなで書いたほうが
やさしくて 好きです。
ねむのき という言葉の 響きを聴いただけで
ねむくなるような・・・
花は、うす紅色、葉も、ひらひらとやさしくて
ねむのき を見ると、うれしくなります。

今年、初めて 大島に咲く ねむのき を
見つけました。
6月の うす曇りの 朝 でした。
通勤途中の 山の中。
引き返して 車を止めて しみじみ 見ました。
「こんなところに いたのねぇ。」

それからは、毎朝 ねむのき を見ながら
通ります。
花が 咲き終わり、葉っぱだけになって
枯れて 散っても いつまでも 見失わないように
ずっと 見ています。

実は、あの時写真に撮ったので このパソコンを
開いたら ねむの花 が ここにも 咲いています。
[PR]
by paopaoy | 2006-10-15 06:22 | 草木 | Comments(0)
萩の花
通勤途中の山道に、萩の花が咲いています。
あの紅い、小さな花たちを見ると、何故か、
仕事を終えて、カチカチに固まってしまった
心が、ほわーとやわらかくなるような気がします。

少女の頃、祖父から渡された萩の花束を抱えて
近くに住む叔母の家まで、届けに行ったことが、
今でも懐かしい思い出です。

その時の、とても嬉しかったことが
萩の花を見ると やさしい気持ちに
なれることにつながっているのなら

おぢいちゃんが、私に伝えてくれたこと
と、思います。

いつも、萩の花が咲いているのを見た日から
私の秋が、始まります。
[PR]
by paopaoy | 2006-09-27 06:14 | 草木 | Comments(1)
トップ

つれづれ日記
by paopaoy
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧