カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
怒涛の二月
あまりにも目まぐるしかったので何も書けなかったけれど こんななにも色んなことが押し寄せてきたことは未だかつてないことなので書き残しておこうと思う。本当は二月末に書きたかったんだけどね。
2月20日 同僚一人が突然辞めた。
私事から・・・2月21日 12年続けてきた三味線を止めた。
       2月24日 1年8か月でピアノを止めた。
これは月謝を払って習うお稽古を経済的な事情で已む無く止めたということで 三味線もグランドピアノもここにはあるのだ。今は触る事も出来ないが いつかまた、と思っている。

2月26日 母が家の中で尻餅をついて大腿骨頸部骨折をした。救急車で病院に運んでもらって入院して手術をした。今はもうリハビリをして順調に回復してきている。
2月27日 もう一人の同僚が緊急入院した。

なんと良いタイミングで止めたことだとしみじみ思う。続けていたらお稽古どころではなかった。こんなことがおこるとは夢にも思っていなかったから 不思議なことだとも思う。

もう一つ 仕事でも思いがけないことばかりが起き 三人でしていた仕事を一人でしなければいけない事態が 母の入院と同時に私に降りかかってきた。もう受けて立つしかない・・・なんとかやりました。本当に怒涛の日々でありました。
風邪もひかずインフルエンザにも罹らず無事に仕事ができたことは有り難いことだった。以外に丈夫だったのね。

三月もあと残り少なく 別れの季節となってしまった。今の仕事の復帰した相方の門出を祝って また一人で仕事をしよう。次の人がなかなか決まらないのだ。辛抱強く待つことにしよう。 

2月にはあと二つ大変なことがあったけれど 受けて立てないことは来ないのだと思って取り組むことにする。受難の年は心が折れないように しなやかに静かに過ごそうと思う。

[PR]
# by paopaoy | 2017-03-18 21:54 | 生活 | Comments(2)
ブーベの恋人
その音は突然にやって来る。何だ、これは?と聴いていると はるか彼方昔の記憶がよみがえる。私はまだ12歳位の小学生だった・・のか、小さなおもちゃのようなレコードプレーヤーとビニールのようなペラペラのソノシートという不思議なレコードのようなものがあった。レコードの針を置くとクルクル回って音楽が聴こえてくるのだ。
その中でも お気に入りは何故か「ブーベの恋人」という映画音楽だった。勿論映画など見たこともなく、ブーベも恋人も何のことやらわからないまま哀愁を帯びたメロディとテンポの良い伴奏が深く心に残っていたのだろう。あれから50年の月日が過ぎ突然やって来るんだもの。びっくりだわ。

改めて調べてみたら 1960年カルロ・カッソーラが書いた小説が 1963年に伊仏合作の映画になってクラウディア・カルディナーレ(マーラ)とジョージ・チャキリス(ブーベ)が出演していた。1964年に公開され監督はルイジ・コインチーニ、音楽はカルロ・ルスッティケリということで 私が洋楽に興味を持った最初がこの曲なのかな。パルチザンのお話のようなので映画を見たい!と今更のように思った。遅すぎるかな。映画音楽はドラマティックで聴くと心が震える感じがした。しかし、ど田舎で生まれた子どもはそれほど映画を見ることがなかった。それでも音楽はよく聴いたと思う。

老後は 映画館の大きなスクリーンでゆっくりと思う存分映画を見たいと思っていた。残念なことに 再びの故郷のど田舎暮らしは 町に映画館はなく車で50分程の映画館には見たい映画が来ることはほとんどない。土地柄が文化に恵まれない人生だな~。

[PR]
# by paopaoy | 2017-03-16 22:23 | 音・楽 | Comments(0)
樫野のウグイス
三月も十日も過ぎたのにまだウグイスの声が聴こえない、と思っていた。今朝 一週間ぶりに樫野に行ったら ウグイスが鳴いた。「ホー ホケキョ」樫野のウグイスは惚れ惚れするほど美しい声で鳴く。夜空の星とウグイスと獅子舞は 樫野が一番だね、と私は思う。もちろん主観ですが・・・
2013年に「鶯の鳴かない春」を書いている。あの年は三月二十日を過ぎても鳴声が聴こえなかった。潮岬では今年もまだ聴いていない。どうしたんだろうね。
潮岬は開発されて家が沢山建ち 木は沢山切られた。樫野はまだ木が多く残っている。家も少ないから灯りも少ない。夜は暗いから星がよく見える。ウグイスも他の様々な鳥たちも暮らしやすいことだろうと思う。
私も人口密度の少ない所の方が 息がしやすいのだ。都会では暮らせない。
「ホー ホケキョ ホー ホケキョ」
いつまでも 鳴いておくれよ、樫野のウグイス。

[PR]
# by paopaoy | 2017-03-12 20:03 | | Comments(0)
今日の歌
いつもなら火曜日が一番忙しいはずなのに 水曜日の今日の方がもっと忙しかった。さすがに午前中をたった一人で仕事をするのは辛いと思った。後任がまだ見つからないのでしょうがない。
朝からちょっと血圧が高めだったので 途中で倒れたらどうしよう・・・と思ったけど大丈夫なのだった。なんて打たれ強いのだろう、私は。

今日は何故か二曲も心の中に響いてきた。

     遠い世界に旅に出ようか それとも赤い風船に乗って
     雲の上を歩いてみようか 太陽の光で虹を作った
     お空の風をもらって帰って 暗い霧を吹き飛ばしたい

五つの赤い風船の「遠い世界に」だ。西岡たかしさんだね。
仕事中に意識が遠くなる、というのか 自分の心と体が少し遠くなっているような感じがしたのだ。そしたらこの曲がやってきた。いきなり「遠い世界に旅に出ようか」だもの。思いっきり歌いたい気分だったけど 病院で仕事中だから心の中でしばらく歌ってた。すると突然「山谷ブルース」が参入してきた。

     今日の仕事はつらかった あとはしょうちゅうをあおるだけ
     どうせ どうせ山谷のドヤ住い ほかにやることありゃしねえ

いらっしゃい!岡林信康さん。待ってた ホイ!だわ。飲みたい気分ではあるけれど しょうちゅうはあおらないよ。でも血糖値が高いからビールよりしょうちゅうの方がいいらしい。
昨日で62歳になったことだし 心の中で叫んでおこう!
   負けないぞ!貧乏なんかに負けないぞ!病気なんかに負けないぞ!
   理不尽なことにも負けないぞ!
   心を強く持って 跳ね返してやる。
   残りの人生 気持ちが負けっぱなしではあまりにも情けない。
 

[PR]
# by paopaoy | 2017-03-08 14:52 | 気持ち | Comments(2)
尉鶲
タイトルの漢字が 恥ずかしながら読めなくて 先程調べたら「ジョウビタキ」だった。鳥の名前ということはわかっていたのだけれど。
これは 只今入院中の母の病室で見た 母の趣味である俳句の会の方々の作られた句の中にあった漢字だった。どなたの俳句であるのか、わからないけれど「耕せば 来たよ打てよと 尉鶲」という句が心に残った。メモして帰ってパソコンで字を調べた次第。

二月一日に 姉が松江に帰る前に 近所のT先生に御挨拶するのについていった時、庭先でジョウビタキを見たのだった。その時、T先生が「翼の白斑が着物の紋付のように見えるから (もんつき)とも言う。」と仰っていたことを思い出した。手持ちの鳥の本を見ていたら ヒタキ(火焚き)と言うのは「ヒッヒッヒ」という鳴声が火打石の音に似ているからと書いてある。まだ鳴声は確認していない。

鳴声と言えば まだウグイスの声は聴いていない。もう三月なのにね。
時々 T先生のお庭を覗きに行ってみよう。色んな鳥に会えるかもしれない。

[PR]
# by paopaoy | 2017-03-05 20:02 | | Comments(0)
春を待つ歌
木曜日の午後は予約の患者さんも少なく座っていることが多いので 頭の中で何やら歌声が響いてきたりする。「リンゴの花ほころび 川面に霞立ち 君なき里にも 春は忍び寄りぬ」って「カチューシャ」だ。そういえば以前 こたつにもぐっていたら「ホーヨホヨヨ」が聴こえてきたことがある。春が呼んでるよ・・・だな。

それから「早春賦」春は名のみの風の寒さや~ 谷のウグイスはまだ鳴きませぬ。
ユーミンの「春よ、来い」もあった。春よ 遠き春よ 瞼閉じればそこに・・・
花粉が飛ぶから 開けたくないよな・・・実際 春はつらい・・・季節としての春は美しいと思うけど 現実は厳しい。鼻にも蓋をしたい。

子どもの頃「春よ来い 早く来い 歩き始めたみいちゃんが 紅い鼻緒のじょじょ履いて おんもへ出たいと待っている」と唄った頃にも 杉花粉は飛んでいたのだろうか?
あの頃は純粋に春が来るのが嬉しかったのだと思う。

そして 単純にロシア民謡のマイナーなメロディが好きだなあと思う。日本語の歌詞も文語調で口ずさむのにいい。高校生の頃 マンドリンで弾いていたけど アコーディオンの音も哀愁があっていいな。歌声喫茶を思い出した。古いね~。




[PR]
# by paopaoy | 2017-02-23 16:47 | 音・楽 | Comments(0)
音楽室
姉のグランドピアノを置くために 昨年末に倉庫のように使っていた部屋の床を補強して壁と出入口を作りました。そして先月末に姉が帰ってきて 海辺の町に何十年も置きっぱなしになっていたグランドピアノをこちらの高台の家に運んで 調律師さんに調律していただきました。
今日 新しいカーテンを付けてもらって 大きなグランドピアノが鎮座しているすっきりと美しい音楽室ができました。まだソファーと棚は用意できていないけど 散らかさないように綺麗に使いましょうと思います。
床が低くなって 天井が高くなったので音響もいいように思います。お姉さん、この次帰って来た時にはピアノを弾いてくださいね。楽しみに待っています。
私もこっそりと弾いています。下手くそなので本当にこっそりと、です。
でも 家にピアノがあるっていいね。私の家ではないけれど ピアノを習っていてピアノがある状態は 私は初めてなので新鮮です。今、ランゲの「花の歌」を弾いています。子どもの頃に出来なかったことが今出来るのは幸せなことだと思います。

話は変わって 月曜日に「鶴瓶の家族に乾杯」という番組で大分県中津市の「グルービー」というジャズ喫茶が映っていて その店のマスターと奥さんがとてもすてきで あんなジャズ喫茶がこの町にもあったらいいのにな~と思ったけれど ないので それならばこの音楽室で聴けばいいのだと思い とりあえず台所で晩御飯の仕度をしながらジャズを聴いて そのまま晩御飯を食べながら聴いてました。
ジャズ喫茶ではなく ジャズ食堂か・・・
もちろん営業ではなく遊びです。老後の楽しみができました。
 


[PR]
# by paopaoy | 2017-02-08 21:58 | 音・楽 | Comments(4)
不確かな記憶
年を取ると、と書いてしまえば「いかにも」だけれど 記憶力は日々おぼろげになっていくような気がする。ただ耳の記憶はあるようで 音楽など昔聴いた曲は覚えていたりする。何でも新しいことは覚えられなくて古いことはずっと覚えていたりする。これが老化なのだろう。目も過去に見たもので印象的だったものはよく覚えているし 匂いも味も手触りも 五感は確かだなと思う。
今朝 母と話した時 「今日は末妹の誕生日だね。」と言ったら「57歳になった。」と答えたので メールで「おめでとう!」の後に「57歳」と書いてしまった。よーく考えれば違うのだった。6歳下だから56歳だった。ごめんね。私は何の疑いもなく耳の記憶を信じてしまった。指を使ってでも計算すればよかった。あほな姉です。

急いでメモを取らなければならない時 その漢字が日頃使わない字だとなかなか書けなくて往生する。とっさに覚えられない。短時間で記憶して書き その番号を間違えないように押すという単純だけれども簡単だとはとても言えない仕事をしている。頭の活性化には良いのかもしれない。対象は人だが ほぼ「気」であると言える。
そして不確かな記憶と仲良くつきあうことにする。まだぼけへんぞ! 

[PR]
# by paopaoy | 2017-01-14 23:55 | Comments(0)
理不尽な夢
ほとんど毎日夢を見ているのに 目がさめたら何も覚えていない。それなのに10日の朝は覚えていたのだ。そんなことは現実にはありえないと強く思ったからかもしれないが・・・何故か坂道の多い所を車で走っていたら「この道は有料道路だからお金を払え」と言われた。「高速道路でもない普通の道なのにどうして?」と聞いても「今日からそうなった。」なんて納得できないと思ったら 次は 床に週刊誌を敷き詰めていてとてもトイレとは思えないけれど それは駅のトイレのようで しかし!ドアがないのである。ベンチに何人も腰かけていて「こんなところで用は足せない」と思いドアはないのかと探し 自分で取り付けているのだけれど 一枚のドアではなく三枚に分かれていて足元が開いている。もう訳わからん!これは夢なのだ。

初夢など見たのかどうかさえわからないのに こんな変な夢のことはありありと覚えているなんて 全く理不尽である。
新年早々 なんてことを書いているのだろう。それにしてもリアルな夢だったことよ。
今年もこうして私は理不尽な目に合うのだろうか。ふつふつと今 受けて立とうじゃないか!と叫びたい気分。



[PR]
# by paopaoy | 2017-01-11 22:12 | 気持ち | Comments(0)
情熱の花
今日「エリーゼのために」を弾いていたら 頭の中で誰かが歌っていた。何だろうな・・・と考えていたら「ザ・ピーナッツ」の歌声だった。
「情熱の花」 歌詞はほとんどわからないのだけれど 素晴らしいハーモニーだったと思う。1959年というから 私はまだ4歳だ。ベートーベンの「エリーゼのために」をアレンジした曲だと書いてあった。
子どもの頃から ザ・ピーナッツは大好きだった。一人で歌うより二人でハモって歌うのはいいな・・・と思っていた。双子っていいな・・・憧れだった。
 
今、クリスマスに歌うためにゴスペルの歌を二曲練習している。同じ職場のSさんに誘っていただいて 8月から歌い始めた。10年前からずっとゴスペルを歌いたいと思い続けていたから嬉しかった。私の気持ちがSさんに通じたのかしら・・・奇跡だわ。
古座のリバーサイドチャーチで 専門の先生に指導していただいて楽しく歌っている。
感謝です。歌も感謝なの。「JOY」と「Hallelejah is the Highest Praise」
12月25日(日)10:15~11:30に歌います。
私はソプラノで アルトとテナーの三声だから素敵です。
16人の声を合せて歌うことに参加できてよかったです。あと一ヶ月。
お稽古しなくちゃ。
お稽古といえば 今年は三味線とピアノとゴスペルと音楽の日々でした。


[PR]
# by paopaoy | 2016-11-24 21:15 | 音・楽 | Comments(0)
トップ

つれづれ日記
by paopaoy
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧